Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

楽しさと切なさと

「キャンデロロ ジャパンツアー」行ってきました。内容自体は楽しかったです。ちょっと北米の選手が来てないのが寂しい感じでしたが本当に久しぶりに見るスケーターも多くて雰囲気もアットホームでした。日本勢もゲストという事で本田君以外の去年表彰台に乗ったスケーターが滑りまして今季は皆なかなか調子良さそうでいろいろ楽しみです。キャンデロロ本人も比較的トレーニングを積んだ体型をしていまして出来もそう悪くなかったと思います。問題ももちろんありました。新横浜は国際規格のリンクではあるけど、お世辞にも沢山人が入るリンクではないわけですよ。それなのに客の入りは6分というところでした。私は日曜の2公演見たので土曜はどうだったのかはわかりませんが、公演一週間前に案内のはがきが来たとこみると相当チケットさばけなかったのだと思います。私もネット見るまで知りませんでしたから、案内不足という感もありますがキャンデロロといえども、人が呼べない現実がちょっと辛かったです。来年も来るとは言ってくれてますが、「スターズ・オン・アイス」も2年で来なくなったというのもありますからね。それに今季は五輪イヤーですが昨日滑った日本選手達がいろんな思いして選手生活しているのに将来的な現実を突きつけられたような気がしてなりません。天野君や井上玲奈ちゃん(アルベールビルではペア、リメハンメルでは女子シングル、そして今アメリカでペアの練習をしているそうです)のように海外を拠点にしているスケーターもいますから活動の場はその気になれば他のスポーツよりは何とでもなるのですがでも殆どが違う道を選ぶ事になりますからね。ちょっと切なかったです。

で、帰り道高橋尚子さんがマラソンで公言通りに世界記録を出して優勝したと知り、彼女は本当偉いなぁと思った次第です。一時期マスコミでバッシング受けたじゃないですか。マスコミもある程度法則みたいのが出来上がっていて有る程度持ち上げたら頃合いを見て叩くという手法にのっとっただけのバッシングだっただけに本当悔しい思いをしたと思います。でもそこから自分の本来の「仕事」で結果を出せる人は実は限られてきますからね。高橋選手だって怪我の体験が有るわけだから結果を出したくても出せない時もあるのを知ってたはず。それがこう鮮やかに決まるとね。ここはひとつ叩いたマスコミに嫌みのひとつでも言って欲しいものです。