Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

スポーツの秋(2)

J's運動会見に行ってきました。私過去に「高校生クイズ」に出た事があるのですが、あの時の進行がものすごくタルくてどうにかなりそうだった憶えがあったので(笑)進行がどんな感じか心配したのですがいや転換もスムーズで思ったより楽しめました。有料イベントでもいいのでは?と思った位。ハーフタイムショーではJr勢の出番の時の方が元気だったファンですが、V6の時は会場が妙な一体感でね、普段のコンサートが各グループどんな感じなのかが階間見られたような気がしました。本編は後日という事で(TVでやるからいいかな)特筆は井ノ原さんの小芝居劇場に尽きると思います。お陰で異様な位JーWHITEは楽しそうでした。この小芝居に参加されていた方はV6の長男トリオと光一君だったのですが剛君ってあんなにいろいろコントに参加するようなキャラだったかしら?と思う位ノリノリに見えました。対するREDが本当にまったりムードで(^^;)まぁWHITEも井ノ原君が居なかったらもう少しまったりでしょうという意見もあるので全部井ノ原君のせいという意見に落ち着いています。V6的には今回は地味です。舞台中やコンサート直前組ですからね。TOKIOも長瀬君は同じくそれなりに頑張っていたけどいつもよりはおとなしいかな?他のTOKIOは大活躍だった印象なので(茂にーさんも別の意味でね 笑)オンエアではどう編集されるか楽しみです。

ただサッカーがなかったのがねー。何を生で見たかったかというとサッカーです。筋肉番付も野球も正直TV向きなものだと思うんですよ。実際野球はモニターで見てましたから。サッカーはパス回しがどうしてもTVでわかりにくいのでそれを見たかったのに競技自体がなくなってました。真剣にやったら怪我しやすいから仕方ないんですけどね。それと今回野球見てつくづくなのですが野球とバレーボールはある程度上手くないと面白くないと思うんです。今回REDの方が本物(笑)が登板してしまって尚更だったのですが打たれたボールがきちんと捕球出来てそれを返球出来る、そしてアウトに出来るという事。外野とサードが特にそうなんですがサードはプロでも処理をちょっと誤ると内野安打になってしまうポジションですから仕方ないにしてもそういう形で出塁してしまうとやっぱり面白くないなぁと。だからWHITEの相葉君は相当受難だったと思います。これサッカーやバスケはある程度実力が接近してれば試合になると思うんですね。ほんのお遊びだから真剣にそんな事考えなくてもとは思うし、ジャニーさんがアメリカの人だと考えたら野球なのは必然ですが、スポーツに関してはどうしても目が厳しいので今後も野球だけならお茶の間でいいかなーと思いました。来年はW杯があるからサッカーやりそうですけどね。