Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

VOTOS DE BOAS FESTAS!

無事帰って来ました。初の海外旅行、題して「サルにも出来る海外旅行・ポルトガル編」という感じで。自分に英会話能力がないのを承知で行ってましたが、数字の聞き取り出来ないのに既に終わっていると思いました(苦笑)でも軽くはいろいろありましたが、おおむね、楽しい旅が出来たと思うし、次は大丈夫だと思う部分も出来たり、次の目的地のチョイスがしやすいかなと思いました。

正直首都リスボンの繁華街は夜出歩けないという治安のようなので(昼間は平気です。バスツアーに参加した日があったのですが、初めからホテルへの送迎付き)そうなると、自分が気楽にしていられる場所に宿取らないと肩凝るなぁと(笑)リスボン、最初の3日間は繁華街からは離れた所のホテルというのと、31日1日と掛かる日で初めから夜歩くつもりのない日だったのでそうでもなかったのですが、最後のリスボンのメインストリートのホテルは日が暮れた、急いで帰らなきゃという感じで何しに来たんだという(笑)そういう訳で旅行気分としては4泊目に選んだ地、シントラと次の日リスボンに帰るのにわざわざ海沿いルートに迂回してのバスの移動が、天気も良くて気温18度という暖かさにかなりいいドライブ気分でした。また行きたいという位ははまらなかったのですが、いつかまた、田舎中心に行きたいなーなんて思いました。

夏がシーズンなのだそうですが、夏はどこも基本的に倍額だそうで、私はオフシーズン狙いなのかなと。あと、これは価値観の問題なのかもですが、出来れば現地で安めのホテル探して、朝はカフェでという感じが一番だなーと、特に石を投げればカフェに当たるという位カフェの多いポルトガルらしいスタイルのような気がしました。というか、ポルトガル人含め、ヨーロッパの人は全般に優しいのですが「サービス業」としては日本のきめ細やかさに慣れてしまった身には星がいくつあろうが日本以上のサービスは期待出来ないのではというのが正直なとこです。

 

で、帰りの飛行機の中で東京4日に雪降ってまた電車大変だったこと知りまして運が良かったなーと思いました。年賀状は今年は出しません。寒中見舞い出します。でも絵はがき買ってこなかった。

 

おまけとしてはTVでユーロスポーツが見られまして、先日ドイツで開催されたアイスショーを見る事が出来ました。まさかポルトガル本田武史くんを見る事が出来るとは思いませんでかなり得した気分です。

タイトルはポルトガル語での新年の挨拶のようですが綴り合ってるかな?地下鉄の電光掲示板メモしてきただけなので。