Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

次は「ワールドシリーズ」?(木更津キャッツアイネタバレ有)

この3連休は珍しく、全部の日出かけてましてなかなか忙しく過ごしました。3連休の場合2日は出かけて1日は家でぼーーーーっとしているのが多いんですけど。お陰で今結構ぼーっとしています(体力ない‥)

木更津キャッツアイ」見てきました!映画館の客層、若くて非常に浮いてましたが(若い女の子だけかと思えば若い男の子も結構いました。しかも小学生位のね 笑)いやもうウッチャンが素敵(おいおい)TVシリーズより何かツボ に入って見てました。いろいろいらないシーンも多いとは思ったんですけど(宮古島のシーンとか)ま、いいか面白いしと片づけてしまいました。ただTVシリーズを見てからでないとお約束のシーンも多いので映画からだと不親切かななんて思いました。この終わり方だと続編もまだまだ作れそうですね。

いや、私本当にウッチャンも好きなので、この映画に関してはウッチャンモードでした。役者としてもかなりいいものを持ってると思うのでね。で、長野君ファンである私はキャラ被りなウッチャンとそして上川隆也がいる限り彼にドラマは難しいのかなというのを実は感じてたりしていました(ウルトラマン云々ではなくて、そうなんだよなーとね)そんなウッチャンの役が超おいしい。被害者役で悪役という(あまり悪役やった事ないと言ってましたが、「ザ・ワイドショー」は常盤貴子(!)相手に超悪役だったじゃんとツッコんでみたり。どーでもいいが常盤貴子さんの出演作、今では見られない作品多くてね。「悪魔のKISS」好きだったのに)今回の映画を動かすキーマンですから。しかも劇中の「笑顔が素敵だった」だの「中途ハンパなハンサム」には爆笑。見た目を理解した役の設定がすごく良く活かされているなと思いました。本当ウッチャンのあの役、長野君にやって貰いたい位でした(いいのか、ファンとして)

そうそう、映画パンフレットを見て、岡田義徳君って「イグアナの娘」に出ていた時は超二枚目だったよねーと改めて感じ、あの「うっちー」のハマリ具合に役者さんてすごいなーと認識しました。

映像に関してですが、VTRとフィルムって撮影の手法が違うんですが、それであのキャッツアイで見せたいろいろな演出を使うとなるとすごい編集大変だったんではと感じました。VTRで撮ってフィルムに落としたのかなと思う位(笑)撮影も大変だったと思いますし、円谷プロ真っ青な変な特撮もあるし(笑)こだわりを感じた作品でした。

木更津キャッツアイ」といえば、原宿の「BEAMS」の2階に何か展示しているそうです。会社の近くなので何が飾ってあるのか見たいのですが、なかなか忙しくてね。興味がある方は見に行ってみてください。1階のウインドーでも一部展示品があります。