Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

旭川に行きたかった

今年のNHK杯は是非現地で見たい内容の濃い大会だったなーと思いました。参加人数は随分減って寂しいんですけどね。お陰で今回は男子シングル、女子シングルに厚い放送でそれは良かったのですが、ペアが大カットを食らってそれはかなりむかつきました。日本人2人も出ているのに~!!

スケートサイトを持ちながら新ジャッジシステムの事に全く触れないぐーたらな管理人ですが(汗)私は意外と悪くないシステムかなと思いました。演技要素に関して事細かな取り決めがあって結果ウェルバランスのいいスケーターが上位に来るというある意味当たり前の事が採点出来るようになったなと。ジャンプって目立つからジャンプの出来で優劣が決まりそうですが、本来はスケーティングの技術やスピン、構成力も加味されるべきなのでね。グランプリシリーズは結果一流選手はちゃんと上位に来てるし、それでいて今まで演出力の弱いスケーターが技術的に評価されるようになって良かったと思いました。リアシェンコはその最たる選手だと思います。もちろん世界大会に向けてはジャンプももっとシビアになってくると思います。