Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

夏が終わるなー(ネタバレ有)

今年のVコンはこの土日公演のみで、例年を考えると非常に少ないのですが(といっても1公演も参加していない年もあるんですよ こんなんでも。一応私休日合わせなので)出かけてきました。正直、3公演違うものにしてしまうという意味というものをあまり感じない内容で、あまりここでは厳しい事を言わないのですが、プロとしての物を見せるという為の明確なコンセプトが近年では一番欠けていた内容だなーと思いました。出来が非常に悪かった訳ではないんですけどね。特に新しいアレンジのものもなく、時間のなさだけが目立つ。今は他のグループも増えてますので時間のなさは言い訳に出来ないと思うんですよ。来年10周年へ向けての宿題かなーと思いました。

ま、だからといって出来が悪かった訳ではないし個々のソロなりユニゾンは良かったなと思いました。でも特に感想が出ないというか(笑)ダンサブルナンバーがことごとくお手振り曲に化けていたとかあまり意味をなさないトニコン・カミコンコーナーがあったり(トニコンのいわゆる映像コーナーを広い代々木でやったのは勇気いったと思いますが 笑)自分の好みからは少し外れた内容だったからかな。私、トニコンはもちろん、カミコンも普通に行きますが、意識の中で「そのコンサートを見に行く」というものがありますので「Vコン」を見に行ってカミコン・トニコンを見せられてしまったとこに軽く消化不良を起こした感じがしました。この辺は私がカウントダウンコンサートに行かない理由のひとつなんですけどね。昨年の逆転したプログラムの公演で終わりというよりはマシですけど(笑)

ところで今日の日曜2部、私もそれなりにコンサートの数こなしていますが、初めて男の人が隣に来ました。しかも彼は1人だった。この回はアリーナの花道近くという超良席で、これは・・・と思ったら案の定で(笑)特に目立ったのが博さん、近くに来た時、普通に客席を見渡し自分らの視界も入って普通に流したなーと思ったら、多分私の隣の男性をかすめたのでしょう、わざわざ視線を戻してその男性を見てきっちりお手振りして去って行きました。以後皆来るけど隣の私らには目もくれず(苦笑)うちわ持っていかなかったのも敗因ですが、ちょっと悔しかったです。ちなみに友人関係ではなさそうで普通にファンらしく、そして当然(?)井ノ原うちわをお持ちでした。

MCは虫嫌い坂本さんネタやら、初登場長野兄ネタ(長野兄は最近まで海外赴任で去年くらい帰国、コンサートは初見だと思います)Vコンでは珍しいカミセン家族ネタ等変なトーク満載でしたがあげきれないのでどっかのサイト探して見てください(おい)