Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

都内de散歩(2)

今日は「浅草」に行きました。初めてこの場所に来たのは中学生2年生か3年生の頃(当時から鉄砲玉ぶりが。。。)で「浅草ROX」がまだ出来たばっかの頃です。「ALFEE展」を見に来たんですけど(歴史感じるなぁ)、その後は行く機会がなくてV6仲間が上京してきた時に「どこ行きたい?」と聞いたら井ノ原君が「はなまるマーケット」に出た時のおめざ、「舟和」のあんこ玉を買いたいと言ったので久々に来たのがもう3年か4年前ですね。今考えると「舟和」はあちこちでお店があるのでわざわざ浅草まで来なくてもという気がしましたが(笑)雨降っても観光地として成立する浅草がえらく気に入りました。アーケードが歩きやすいでしょ?今日は雷門から仲見世、新仲見世、すしや通りといろんな通りをまわりました。スタートの雷門では本日夏休み最終日であろう、ガールスカウトの子達が交通整理のお手伝いをしていたのですが、うち一人が「疲れた」と言いだし爆笑を誘っていました(時間はまだ朝の10時)そして観光客相手の人力車の方々の客引きを「地元民だから」という大嘘をついて断り(笑)仲見世通りをひやかしました。仲見世はいろいろおやつが充実していて、朝は揚げまんじゅうと冷煎茶(これで100円!)帰りにおせんべいを食しました。おせんべいは普通だったけど揚げまんじゅうはおいしくておやつ食べに通いそうで怖い(笑)ただこれのお陰で後で休憩しようと思うとどこも高く感じてね(苦笑)

その後浅草観光のメッカ、浅草寺に。初詣なんで随分行ってないので久々にお参りしてお賽銭あげて、おみくじという超ベタルート。ところがそのおみくじ「凶」で(泣)「水に注意」とかはなかったですが(こらこらイノッチおみくじじゃないぞ)あまりのロクな事のなさに普段そんな行い悪いかぁと自問(。。。悪いな 笑)あまり気にせず次のルート、「六区ブロードウェイ」へ。ROXから演芸場、映画館、そして坂本トークの必需品(?)ロック座(注 ストリップ劇場)のある通りなんですけど、そこで落語協会(メモしてる訳でないので忘れた)のパレードに会いまして、桂歌丸師匠の姿を目撃。人力車に乗っていたのですが、暑そうでとても痩せている方なのでひからびてしまいそうでした。しかしこの六区周辺にアダルトショップがあってその近くにウルトラマンのポスターがあったり(ROXに専門ショップが入っている)、任侠映画のとなりはピンク系の映画とどんな通りだと突っ込み。風俗のごちゃまぜ感が面白いなと思いました。教育には悪そうですが、私は大人なのでね。落語とかも一度は生で聞いてみたいんですけどね。

お昼は大通りの方に出て洋食屋さんの方で食べたのですが、同じ席に居合わせた人が今は興味なくなりつつあるアルフィーファンだったよーで、その会話を聞きながら笑いを堪えるのに必死でした。どうしてこう、引きがいいんだろうな。そのまま言問通りに出てぐるーっと回って浅草松屋に行って今日入荷のTOKIOのトリビュートアルバムを買って、催事をひやかし、帰りました。今日は暑かったのでちょっと疲れましたね。

という、今日のルートを「TOK10」を聞きながらテキスト打ちしています。いやこのアルバムはすごいね。目当てが「WAになって~」でなく高見沢アレンジの方というのが申し訳ないんですが、聞いて更に「ごめんんなさい」と思ったり(笑)「ギンギラギンにさりげなく」が今の高見沢さんの嗜好がきっぱり出てて、爆笑でした。久保田一竹さん(残念な事に鬼籍に入られてしまいました)の遺志を継いでかどうかですが、少し和よりになってきてるんですよね。「DAYBREAK」もかなりアルフィーっぽいし。クレジットないけどコーラスアレンジもやったのかな。演奏者もアルフィーチーム動員していて長谷川君のドラムが良く聞こえます。キーボードは控え目だったけど武部さんはさすが上手いなぁと聞きながらこれステージ再現不可能じゃん!とツッコミを入れてました。TOKIOのライブではこれらやらないのかな。やるなら行くのに。「WA~」も良かったですね。角松敏生氏覆面でなくなったし。各曲の解説分が洋楽CDチックで面白いなーとか、パッケージデザインはBEATBOYSで使った手だよなーと思ったり(笑 BEATBOYSはぬいぐるみのクマちゃんで見た瞬間やられた!と思った)他のファンにはどう感じるのか分かりませんが、私的にはかなりお気に入りの一枚になりました。