Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

2005.12.4 NHK杯国際フィギュアinなみはやドーム観戦記(2)

日曜 男子フリー
昨日の素晴らしい出来があったので楽しみな反面「いや、かつてこういう場面になった時の男子って」というのを知っている身としては今日はやや荒れるなーと思いました。日本開催のシニアの国際大会、重いんですよねー。しかも、来てみれば日本男子3人、滑走順がくっついているという。誰だよ、抽選した人。
下位グループは皆3Aを決めて来ましたがリンデマン君だけがかなり調子悪く最下位に沈みました。五輪には出ますので立て直してきてください。で、日本嫌いにならないでね。演技は前衛的な感じで面白かったです。下位思ったよりミスがなかったんですよね。そういう意味ではそれぞれの個性が楽しめた演技でした。
第2グループ。日本人が3人もいるよ~という感慨。そしてその中心が高橋織田という感慨。本当今季はどうしちゃったんでしょうか?本田君も昨日同様ジャンプ決めてましたがやっぱり演技で決めるのは難しいかなと思いました。
ところで高橋君織田君ともアップで3Aを飛ぼうとして時間差で失敗し、お互いの顔を見て苦笑い。微笑ましいけど緊迫感ないなぁ(笑)
尚織田君はこのウォームアップでは全然アクセルが決まらず「これは・・・」と思いました。
Kevin VAN DER PERREN
曲は「パイレーツ・オブ・カリビアン」パワフルだけどいろいろ雑。ちょっと後半で足を痛めたっぽい。
110.50
アメリカ大会からプロ変更「カルメン」うわー!勝負でたねー。「カルメン」は女性もだけど男性がやるにしてもやっぱりベテランの色気のあるスケーターがこてこての表現力で滑って欲しいんですけどね。本日の演技も正確ですしライサの個性には合ってると思いますが、演技力としてはどうでしょうか。この日のフリー1位。
142.50
Yannick PONSERO
序盤でスピンをミスした後ことごとくジャンプのミス。どうやら途中で足を痛めたようです。かなり投げやりふてくされ気味(苦笑)一応織田君のライバル選手なんですけどね。
102.00
 
Takeshi HONDA
出だしは良かったのですが中盤にかけて崩れてゆきました。スピンミスや音楽が余るという失態も。エッジは滑っていて綺麗な滑りだったんですけどね。
103.04
・・・・ガラスの心臓ぶり炸裂でした(苦笑)滑りは良かったですし、アメリカ大会からトレーニングをし直ししているので疲労のピークだろうというのは分かるのですが、にしても細かいミス多いだろうに。まぁ、転倒しなくなったのは収穫かと思います。
127.60
負けじと(?)最初のアクセルミス。織田君はまだ体力不足で後半に3Aを持ってこれないのでこのミスはピンチですよね。演技もやや固い。本日の出来は高橋君の上でもいいですが、ライサとの点差はもう少しあっても良かったのでは。そうなると優勝はないけど。いやスピンとかステップが難しくなっているとはいえ、10年前の鍵山君と同じジャンプ構成ってそれ無いよなーというのが本音です。鍵山君、とんでもない時代に選手やっていたんだな(そんな感想・・・)コーラーがSさんなのでこうなるのかなぁ。
142.24
 
私キスクラ側にいたので織田君の表情は見えなかったのですが「多分泣いてんだろうなー」と思ったら全国区で号泣シーンが出て(笑)織田君の泣き虫ぶりは全日本でのお楽しみだったのに一抹の寂しさを覚えました。で表彰式で背の小さい織田君、台の一番高いとこに乗っても小さくて、ライサが「かがんで」背を合わせてくれたのが面白かったです。

女子も男子も過去の名選手と呼ばれる日本選手、そんな優勝していないんですよ。鍵山君の頃なんて良い演技しても万年4位だったし。有香ちゃんは2位1回3位1回。そうかといえば小岩井久美子ちゃんが2位に入ったりはありますけどね。いや凄い勝ち運だと思いますよ。男子の日本選手複数表彰台も初なのか。いやー凄い時代になったなー・・・。

EX
 
Nozomi WATANABE / Akiyuki KIDO
ほぼ自力でEXに残りましたよー。「アナタスシア姫」のつもりらしいですが衣装は・・・(3回目)派手なリフトの少ない、エッジの正確さをアピールする演技でした。
 
Viktoria BORZENKOVA / Andrei CHUVILAEV
男性の方が2mあるというアナウンスにどよめき(笑)情感のある美しい演技でした。男性イイ男だなー。次期王子様候補??
 
お馴染みの今季のEXナンバー。衣装は今回の方がいいかな。
 
「KISS KISS」の曲に乗ってエロカッコイイ!女性の筋力が凄いと思いました。
 
Christopher MABEE
アナウンスで「EXに残ると思わなくて準備してこなかった」とありました。どうも本当らしく(笑)衣装はフリーのもので、ぶっつけ本番らしい演技でした。でもかなり良かったです。
Anastasia GREBENKINA / Vazgen AZROJAN
女性の背中がセクシー(笑)アルメニア初の国際大会のメダルといってましたがNHK杯はそういう意味でも懐の深い大会ですね。過去アゼルバイジャンの選手とかも出てましたから。演技もセクシーでした。
 
Elena LIASHENKO
彼女の競技会演技は相当見ていますがEXは初めてかも(驚)結婚したんですって(驚驚)次の五輪で4度の五輪になるといってました(それは知ってる)曲は「シカゴ」帽子にパンツスタイル、コケティッシュな演技、素敵な笑顔。言う事ないですね。プロにならないのかな。
 
Utako WAKAMATSU / Jean-Sebastien FECTEAU
詩子ちゃんの柔らかさを活かしたアクロバティックな演技。五輪出場だけが人生じゃないよと言ってあげたいですがキャリアを考えたら辛いのかな。
 
「シークレットガーデン」いい演技なんですよね。20才そこそこでやられるのがムカつきますが(笑)表現も世界に出しても遜色ないなと改めて思いました。
ここでインターミッションですが、ISU制作のスポット映像が気合い入っているなーと思いました。
まだGPS結構見てないのでEXで初見となりましたが、同じドイツのヴォーツエル&シュトイヤー組を彷彿させるカップル。美女と野獣カップルだな(笑)女性の方のドイツ国籍取得が決まったので五輪の台風の目になるのは間違いないかと思います。青いコスチュームが綺麗でした。
Fumie SUGURI
おっ!ニュープロだ!こうやって見るとやっぱり足の状態が万全でないというが良く分かるのですがEXの演技としては彼女らしい繊細な美しさの演技でした。
昨年と同様の目隠しプロ。こういうプロ見る度に「子供に見せていいのか」とついドキマギする自分がいます(アホ)
長い手足をフルに・・・とはいきませんが踊りたおすプロ。表現力がなぁ(笑)
・・・・その衣装は何のつもりだ(笑)と思ったら「ジャングルブック」だそうで。一応メダル候補なので五輪のEXはもう少し考えた方が。男性妖精だし。女性は綺麗になりましたね。アンコールに「マツケンサンバ」(爆笑)本当にサービスのいい人達です。
Yukari NAKANO
「アメージンググレイス」競技会で初めて知った人が多いと思いますが彼女の良さはEXの方が断然なのでこれは是非地上波で流れて欲しかったと思いました。照明が落ちてたら完璧なのにな。
雨に唄えば」女性の傘はお洋服と共布の方がいいような。映画の雰囲気を存分に出して、スタートとラストのポーズが一緒とか隅々まで気の利いた演技でした。
EXニュープロかなーと思ったら「パジャマだー!」(爆笑)昨季からのEXプロです。友人曰く「滑りが大人になって演技が合わなくなってる」との事でしたが音感の良さを伺わせる演技(五十嵐さんがS.ハミルトンのようだと言ってました←これ相当の誉め言葉かと)で織田君にしか出せないだろう味だと思いました。

という訳で本日のEX大賞(勝手に・・・)うーんやっぱりドゥブリュイル&ローゾン組かな。いや皆良かったですよ。という訳で来年は長野県開催です(開催地変更しませんように)