Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

いいニュース、悪いニュース

今週はジュニアの世界大会だったんですよね。小塚君の優勝はかなり期待していたので嬉しかったです。ジャンプさえ決めればジュニアに敵はいないと思っていましたがジャンプの確率がかなり良くなってきていたので初出場初優勝は偉業とはいえ当然という感じです。やっぱり五輪選考も結構なポイントを持っていたと思うんですけどね。素質と環境も申し分ないので今後順当にいけばかなりの選手になる筈ですので是非動向をチェックして欲しいものです。もちろん来季のシニア、織田君も高橋君も、そして中庭君もいますので厳しい争いになるのは間違いないですし、出来れば来季こそ中庭君の国際大会での活躍を見たいというのもあるので気分的にはだいぶ辛いです。無良君もまだ中2と考えると末恐ろしいです。2世選手、やはり門前の小僧達は違いますね。柴田君は来季シニア移行ですね。競技開始年齢の遅いのと怪我のブランクがここに来てという感じですが、「和製ウィアー君」としての期待は充分ありますので是非ジャンプアップしてください。

女子は真央ちゃんの2位は結構予想していました。全日本の頃から感じてましたけど勝ちに行く試合へ向けての練習の仕方はこれからですね。ニフティだかワールドフィギュアの本の方か忘れましたけどプレッシャーもなくのびのび滑っていた時代があったなと後に回顧する時がくるとありました。それが今季の前半の大会で全日本以降は楽しいだけのスケートではダメな競技生活の突入になったという事です。美姫ちゃんもですが、スポーツであり勝敗のつく競技である以上、楽しい競技生活を送るのは難しい。だからこそ厳しさの中からつかみとる喜びがより大きいんでしょうね。

武田奈也ちゃんはシニアに上がって来た時が楽しみな選手なので今回は良い経験でした。澤田亜紀ちゃんはシーズン通してのピークの作り方が課題です。

優勝したヨナ・キム選手はそれこそ今季のジュニアではかなりの高得点で勝ちまくりだったので、こちらも当然の結果といえます。

世界選手権、代表恩ちゃんに変更になりました。土曜日に新聞読みに図書館に行ってきまして、静香ちゃんは日本に戻らずアメリカで調整させてくれるなら世界大会出る、という感じだったんですね。それが日本へ帰ってきていろいろ引っ張り回した挙げ句それで大会出ろというのは・・・連盟も無茶です。美姫ちゃんの調整失敗は大誤算だったのでしょうけど、でも世界大会に友加里ちゃんが決まった時点で美姫ちゃんの世界大会補欠はかなりない話だったと思うので、恩ちゃんを第一補欠にしておいたらこんな慌てる必要なかったのでは・・・といっても代表選考のあやふやさから考えたら無理な話か。恩ちゃん、調整厳しいと思いますが精一杯の演技を期待します。そうすれば人生、変わると思いますよ。

で、本日の朝日の朝刊一面に連盟の使途不明支出の事が記事になりました。3年前の、しかも「前々会長」の頃の話が今頃記事になったのか、しかも大新聞様(皮肉)が関係者の話という書き方で記事に出来るのかとだけ思いました。どの団体にもこういう話あるかと思いますが、世界大会前で、「前会長」が亡くなったばかりというタイミングに何か違う意図が感じられます。94年にも連盟内でちょっとあったみたいなんですよねー(と機関紙「銀盤」にあります)フィギュアは個人種目だから一時的な動揺は出るでしょうけど、むしろいつもの事と思ってしまうような気がします(すごい解釈だな 我ながら)