Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

トークイベント

連休前半3日間、本当はJOだけの予定だったのですが、キミー・マイスナー&有香ちゃんという取り合わせでトークイベントがあると知り、急遽出かけてきました。有香ちゃんのトークが希少ですもの。トークイベントってほとんど行った事ないのに、現金なファンです。

テレビ東京の小島アナウンサー(イケメンで他の局アナに比べて全然スポーティ、格好いい!)の呼び込みで有香ちゃん、続いてキミーと登場。私アメリカ勢女子だから今回も来ないと思ったので本当に来た事にびっくりしました(おいおい)有香ちゃんはベージュのストライプ柄。いわゆる流行の服ではないと思うのですが多分高い服だと思います。有香ちゃんの服装っていつもそんな感じですよね、ものすごい高級ブランドとか、かちっとした印象を与えない服装ですけど多分高いんじゃないかなという感じがします。キミーは黒のカットソーに黒ベースに黒白金(ベージュ?)のレースを使ったフレアミニ、金色の靴。足が細くてきれいでした。髪はおろしていてティーンの可愛らしさがとても良く出ていました。キミーは小島アナに「シャイな印象がありますね」と言われて、「はい少しシャイです」と答えてました。キミーには通訳が付いていましたが、有香ちゃんがいれば通訳いらないだろうと思ったり(ネイティブの通訳はまた少し難しいのかな?)

大会の見所からで有香ちゃんより世界大会の緊迫感の後の試合ですけどどこかリラックスした雰囲気と団体戦という楽しさを見て下さいとの事でした。キミーはこの春高校を卒業して今車の免許を取りたいとの事。どうして取りたいんですかというマヌケな質問に(アメリカ、車社会でしょうに)「友達がみんな既に免許を持っていて一人出遅れている」と可愛らしい不満。学業との両立は大変だったとの答えの時に有香ちゃんから「とても努力家で一生懸命練習する選手だ」と誉められていました。

簡単な質問大会で「今シーズンの目標は」との問いに「五輪が最大の目標ですが、他の皆(アジアンを意識?)に遅れないようにしたいとのコメント。ライバルに対しては「皆素晴らしい選手ですが、ジュニア時代から試合で一緒、試合を離れればいい友達です」と大人なコメントでした。日本の印象は「大好き。皆親切で日本に来るのは3度目(05年NHK杯、07世界選手権、今回)ですがまた来られて嬉しい」でもフライトの時間が長いのが少し辛いとの事。機内ではどのように過ごすのかという問いに、「寝たいのだけど飛行機が苦手でずっと緊張しています」との答え。それは気の毒だなと、飛行機嫌いなのにいつも爆睡な私の感想でした。時差はどうかとの問いに、来る時はそうでもないけど帰国する時の方が大変だそうです(疲れもあるでしょうしね)

世界チャンピオンになって変わった点という質問にキミーは「大きな変化はないが試合でのプレッシャーが少し増えた。チャンピオンの座は維持の方が大変」と正直な意見。有香ちゃんは、「私は優勝した後すぐプロになったので」という前置きの後「沢山のイベントに呼んで貰えていろいろな体験をさせて貰えた」と答えてましたが暗に今そのイベント自体が減っているというニュアンスがありました。

点数が出る時緊張しますか?との問いにキミーの「とっても緊張します」との答えに対し、有香ちゃんは「疲れているのでそれどころではない」(笑)キス&クライで表情を保つのは大変と本音も出て今度得点が出る時そういう見方で見てくださいと良く分からないフォローが入ってました。

キミーのアクセサリーへの質問が飛び、試合でしている「時計」は実はブレスレットで良く間違われると。指輪とブレスネット、ネックレスはいつも同じものをつけてるラッキーチャームとの事です。有香ちゃんからは靴の履き方この時間で衣装をつけて、靴を履いてという動作の習慣で落ち着きを保つとあって、その辺はパパ(佐藤信夫氏)と同じ事を言っているので親子だなと思いました。

最後にサイン色紙を貰えるジャンケン大会。有香ちゃんとジャンケンで勝ち残った人のみ5名。私残念ながら「あいこ」で初戦敗退でした(しかも「あいこ」かよ・・・)7名になったとこで7名分のサイン色紙をくれましたが1枚余ってました(欲しい・・・)

短い時間でしたが2人とも終始にこにこで手を振ったりとかなり好印象なイベントでキミーの可愛さにすっかりやられていました。キミーは可愛いけどしっかりした印象です。途中咳をしていたのが心配でした。水分補給のお水が用意されていたのですが椅子はあってもテーブルがなくて床に直置き。ちょっと考えなしかな。結構暑い中、有り難いイベントでした。