Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

PIW2011

GW、5/2と5/6と出勤していましたので休んだ気がしませんでした(苦笑)うち前半3日は風邪の養生にあてていたのですが、思ったより体力が落ちてけっこうそれが辛かった・・・。もう大丈夫ですが今週は慎重に過ごします。

でも、これだけは行ってきました!PIW。横浜公演は毎年恒例なので見ておかないと。今回はHey!Sey!Jumpと被りました。ファン若い・・・というかピンク多くね?とか思いました。疑似恋愛の対象だからピンク色が多くなるのかな?

ここ数年、男性キャストのスキルが急上昇して女性群舞がもう少し・・・と思う事が増えたのですが、やっぱりそう感じてしまいました。ニューキャストに澤山璃奈が入っていてびっくりしました。芸能活動は継続なんだろーか?

テーマは変えていますが、やっている内容はそう変化がないので、群舞は大変だな。ペンギンも1995年くらいのプリンスでやったものですよね。覚えているぞ(笑)演技は違っていましたけどね。衣装保存してあるのかな。

南里君、ソロと「イタリア」で登場。まだまだ硬いかなと思いますが2年目から良くなるので期待して。「イタリア」の方が合っていたな・・・と思います。大田由希奈さま(「さま」つけちゃうよ!)は「オペラ座の怪人」より。とにかく美しい滑りでした。日本で、ソロであれだけの表現出来るスケーターは彼女が一番だなぁと思いました。羽生君は今季のフリー。滑りが大きく。来季3強を食う可能性があるので来季のプロも楽しみです。町田君、「クイーン」で踊りまくり。素晴らしいんですけど彼は踊れば踊るほどスケーティングの質が残念に思います。鈴木あっこちゃんも新プロでしたがちょっと元気がないかなと思いました。村上佳菜子ちゃんは今季のEX。お疲れがみてとれました。本人の「練習したい」発言とは裏腹に身体、かなりきついんでは?章枝ちゃんは「G線上のアリア」からヒップホップ。彼女はいろいろ挑戦するのはいいのですがパンチのあるラインとか、逆に色気たっぷりの表現はあまりいいとはいえないんですよね。モダンバレエ系はいいと思うので「得意な表現」を極める演技も見たいなと思います。大ちゃんは「マンボ」会場温度が変わる変わる。最初見た時大爆笑でしたが見慣れてきて普通にみていられました。静香さんは新プロ(曲名失念)もう少しエネルギーが外に向くといいのになと思います。

チームリーダージュンジュンはどのプロも素敵でした。アクセルの調子も良かったように思います。この年齢まで体調もプロポーションも技術も維持していて素晴らしいです。衣装もきれいだよな。プロの鑑だと思いました。前説までやってしまいます。

キャスト、お目当て誠一君、今回は3Aは飛ばなくなっていますがステップワークはたっぷり堪能出来る内容です。「キル・ビル」での悪のリーダー役には爆笑。コバヒロは2年目で非常に華が出て良かったです。ジャンプもまだまだ若いので安定していていいですね。新技バックフリップも実施していました。

同行した友人が気に入ったといっていた田中総司君。彼こそ東北で震災被災者です。ジャンパーらしく3Aまで飛んでました。スケーティングもプロになって良くなってますね。大島さん薄田さんも相変わらずいい味でした。中田君は3Loが飛べますが、今回は不発でした。

エンディングの「日本」を意識した演出、良かったです。夏公演行きたいですが、福岡優先なのでちょっと無理かな。アイスショー乱立でキャストの追加も難しそうですしね。また来年、となりそうです。