Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

アムステルダム

今回、時差ぼけを無理に解消せず、朝早くにこれらの記事を更新していたのであと数時間で帰国の途につきます。

今までの旅行スタイルですと、有名な街一択で同化するまでいつづける、だったのですが、アムステルダムはその街の特性上、長居しずらいかな?と思い、1泊のみとしました。でもやっぱりあと1泊は欲しかったなと思います。

IMG_0247.jpg

駅の大きさ、迫力とも写真では伝わらないのですが・・・重厚感といい、その佇まいといい、感嘆の声を上げずにはいられませんでした。駅萌えでもあるんです(笑)そして駅そばに運河とトラム、その眺めだけで一日中ここにぼーっとしていたいと思いました。

ただ、街中を進むと当初懸念した通り、ちょっと居場所がない感じがしました。カフェがブラウンカフェと紹介されるように、飲み屋主体のカフェが増えたり、「コーヒーショップ」から漂う甘い禁断の香りも逆に怖かったり(ちょっと詩的に語ってみました)大きなデパートもあり、裕福な街だなと実感していますが、一日ぼーっと過ごすには少し場所を選ぶなと思いました。でも刺激的な街です。

「飾り窓」も見てきましたが、実はドイツのニュルンベルクに行ったときに散歩していたら人けのないところに出て延々レッドライトゾーンに入り込んでしまったことがあり、見たことがあるのでした。それに比べると怖いとか異世界という感じはなく、本当に街中に普通にあることがすごいなと思ったりしました。

今回の旅で目についたのは「チャイナタウン」です。どこに行っても存在感のあるゾーンを形成していました。港町として発展した地域は華僑の存在が大きいんですね。横浜しかり。

IMG_0232.jpg

ホテルは場所がらちょっと狭いですが、近代的です。変なとこに柱があるのが気になりますが・・・。

IMG_0289.jpg

最後の晩餐。本当はナイトクルーズに乗るのも悩んでいたのですが、どうも乗る気にならず。オランダは食に関してはイマイチで結果、多国籍料理系の店が多く、同じオランダでもユトレヒトの方がレストランとしては良かった。欧米人も多いのかな?ステーキハウスがやたら目につきました。メニューをチェックしてたら店の人に呼び込まれたステーキハウスです。ソースがだめな感じでしたが、お肉は柔らかかったです。じゃ塩コショウすれば美味しいのでは?とかけてみたらあまり調味料としては役に立ってないシロモノでした・・・。ポテトとパンはどこで食べても美味しく、素材はいいのになぁと思いました。

本日メインの「アンネフランクの家」に行って旅を締めくくりたいと思います。