Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

2005年全日本選手権(1)男子SP

東京開催の全日本って何年ぶりだろうと思ってパンフを見たら平成元年(1989年)、品川で開催されたのが最後で16年ぶりでした。まだ高校生でTV観戦。今品川のリンクないし。カルガリー選考会の翌年でみどりさんが競技会でアクセル再び飛び始めたシーズンです。私自身初めて全日本を見にいったのは1994年の競技会、その時は新横浜でリメハンメル五輪選考会。友人連れて見に行ってました。五輪選考会といっても有香ちゃんは代表内定出てたし、気楽でしたね。客席にはみどりさんもいました。それから11年、代々木の会場が満員になるほど動員される日がくるとは・・・。といっても女子の競技だけで男子は例年通りという印象でした。特に本田君のSPが終わってからぞろぞろ帰られたり、FSでも大ちゃんが終わってから帰る人続出だったり(FSは時間も遅かったから仕方ないですけど・・・)競技会として根付くのはまだまだ先だなーと思いました。ただ、2階席はどの位局で握っていたんでしょうかねー??GPFも2階席招待券が出ていたそうです。急に沸いたブームで初めてきたらしい中年のご夫婦、男子SPの日(23日)に「今日は女子はないのか?」と係員に尋ねていました。

・・・帰ってください(心の叫び)

尚有力選手の時にはヤグディン秋篠宮妃と内親王2人がロイヤルボックスにて観戦。これは皇室行事とは一切関係ない私的な行動。佳子さまがスケート習っているんですよね。こうしてみると皇族も普通の親です。

【23日 男子SP】
TC城田さんTS天野君 ATS細井君(さん・・・かな)
私ねーN杯でも「何で連盟の強化部長がコーラーなの?」と思ったんですよ。連盟の仕事やってるから審判の仕事出来ないと前発言していたのに。その予感が結果世紀の大事件に繋がるとは・・・。勘がいいのもたいがいにしないと(自嘲)

1.小林宏一
「Kolibre」
(プログラム表記通り)コリオグラファーがローリーニコルなんでどんなプロかなーと期待していたんですが、なかなか面白いプロでした。章枝ちゃんティストを見慣れている身としてはかなり新鮮。大ちゃんとか、もっとスタミナのある人がやるといいかも。ルッツとのコンビでセカンドジャンプでステップアウト。
TES26.22 PCS26.80 53.02

2.高橋大輔
ムーラン・ルージュ
3Aのはずが大きな1A。後追いのニュースでフェンスに頭ぶつけていたとか出ていて実は相当緊張していたんですね。じゃあの「舌だし」は一体・・・。その辺が「甘さ」なのかな。
TES30.32 PCS37.20 74.52

7.神崎範之
「3Pieces for Blues Band」
京大生ですよ・・・。天は二物平気で与えます、今季の西日本チャンピオン。3Fでミス。かなりいい滑りで風格だけならシニア上位選手並でした。ヨン様効果大きかったのかしら。
TES29.82 PCS30.75(高い!)59.57

8.青木一成
「O(オー)」
こちらも京大生。こんな並びだったのか・・・(笑)演技スキルは低いけど曲の盛り上がりに合わせてスピードを上げてゆくフィニッシュに荒削りだけどいいものを感じました。
TES16.06 PCS18.00 34.06

10.北垣達矢
Esperanza
京都醍醐勢の一人なのでさすがまとめ方が上手いです。筋力の強化を。
TES27.18 PCS23.30 50.48

11.大上偉才
BEAMS(上妻)」
コーチに有川梨絵ちゃん。へー。ジャンプはノーミス。表現もいいし、見栄えもいいです。ステップとスピンがやや弱いかな。
TES33.94 PCS27.50 64.44

13.碓田篤史
だいぶあか抜けたような気がします。あまり無理しないトータルを狙った演技。
TES22.74 PCS22.05 44.7

14.南里康晴
「The Race」
もう大学2年なの??子供だなぁ(失礼な)カーレーサーちっくなモチーフに胸には「naNri」のロゴ入りの本日のびっくり衣装No.1(笑)こういうアイディア自分で出すのかしら。プログラム的にはかなり難しいです。滑りこなせたら織田君のマリオ並の面白プログラムかと。
TES33.04 PCS30.25 63.29

15.織田信成
セビリアの理髪師
ファイナルでもカナダ人コーチ、リー・バーゲルがいたけどそのまま留まってくれたの??ジャパンマネーってすごいね(クリスマスなのに・・・バトルはいいのか?)必ずスマイルで登場するのがいいですね。ノーミス。やや貫禄も出てきた?
TES44.40 PCS35.90 79.90

17.梅谷英生
スターウォーズエピソード2」
・・・おねーさんとそっくりだね。いやそれはおいといて、西日本3位。演技はノーミス。コンテンツも上位選手と遜色ないのでかなりの出来映えでした。大島さん精神的なレクチャーをしたのかしら。技術的な精度はまだまだですね。強化指定選手ではない筈なのでこういう選手の活躍は嬉しいです。(判官びいき丸出し)
TES34.30 PCS37.35 61.65

20.田邊健
「グリーンディスティニー」
佐野稔コーチの弟子にしては地味だなぁ(笑)まぁ佐野さんは野球における長嶋さんみたいな人だから・・・(小声)バランスは良いです。コリオは重松君。
TES23.10 PCS22.40 45.50

21.無良崇人
「Sabre Dance」
おお、全日本デビューだ。腕折ったままEXに出てた子供がね。。。(感涙)身体の線はパパより太いのでママ似?演技はどうしてどうして、中学生とは思えない重厚感があります。これは楽しみです。
TES29.70 PCS27.15 55.85

22.小塚崇彦
「Sing Sing Sing Part2」
練習では決めていたジャンプでしたが本番では2つミス。こうなると取り返せないですね。メンタルのトレーニングはこれから・・・と言いたいとこですが、ジュニア大会からの連戦だったり、演技構成の変更などがあるからけっこう掛け持ちは辛いんですよね。
TES26.80PCS31.00 55.80

23.柴田嶺
「ブラックオパール
ここ2年全日本欠場でやっと見られるという感じでした。演技もやっぱり他の男子選手とは異質のものを感じます。ただ、演技としてはもっとやり込んだものが見たいかな。ビールマンスピンは健在。
TES25.20 PCS27.95 53.10

24.本田武史
ロミオとジュリエット」(ニノ・ロータ版)
N杯同様、練習ではジャンプを決めてましたが4Tミス、3Aタッチダウン。曲に負けない滑りではありました。身体も絞ってました。でも、完成された演技という演技はとうとう見られず仕舞いでした。正直、練習が順調に出来たところで優勝争い出来るまで回復出来たのか疑問です。演技は見たい、でも選手としての完成度はというところではやっぱり辛いです。本田君の4回転は長野五輪後に完成したのですが、3Aは13才から飛んでいたので、それが試合でコンスタントに飛べないという事が選手としてのキャリアの終焉なのかなと思いました。
TES27.70 PCS33.90 60.60

25.中庭弘二
「Allegretto」
中庭弟。演技スキルは雲底の差です(苦笑)背格好は兄ちゃんに似ています。予選落ちだよね。彼の点が出た後「よっしゃー!」と声を上げたおバカさんが・・・。多分24位通過ギリギリの選手だと思いますが、ここ全日本なので。マナー悪いぞ。
TES14.08 PCS9.35 31.43

26.小川貴夫君
曲のわりに振りが甘いような気がしました。演技終了後客席から変なプレゼントが。。。次の滑走に出てきた中庭(兄)の目の前に「ごきげんよう」の「何がでるかなトーク」のサイコロが落ちてきて健介君苦笑い。それと、ライザーレモンHGのマスク。キスクラで被ってスカパーでの生中継でその姿をさらしてました(爆笑)いいのかそんなんで??
TES23.72 PCS25.10 48.82

27.中庭健介
サラバンド」(ヘンデル
大トリ。3Aの調子が悪くて本番で2Aとしてトータルのノーミスでしたがスポーツフィギュアとしては悔いが残ったらしく、キスクラで涙。ただ、あれだけ昨年出なかったPCSが出るようになっているのに驚きましたし、SPの曲「サラバンド」、今回やった人が多かったのですがやっぱり中庭君が一番良かったと思います。サーキュラーステップの時観客席に近づいて通り過ぎた時歓声が上がるわ、スタオベが起こるわどーしちゃったんだろ。皆判官びいき??本当GPSで披露する機会があればもっと自信になっただろうに。やや猫背が気になります(笑)
TES36.30 PCS35.20 71.50