Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

2005年全日本選手権(3)男子FS

そういや女子の公式練習は見た事あるけど男子のは国内大会では初めてだなーと思いながら会場へ。丁度織田君の曲かけでした。皆衣装を着て練習していました。


織田君 比較的きちんと通して練習しています。3+3+3は3つ目が怪しい。他はミスのない印象。
高橋君 かなりナーバスになってました。4回転は入らず。3Aまでは完璧に近い印象。早めに公式練習をあとにしました。 
南里君 スピンはなかなか良かったですが、ジャンプのバランスは悪かったなぁ。
大上君 この中ではやや役不足(笑)3Aの確率は良かったです。
梅谷君 同じくやや気後れ気味。ジャンプあんまり成功してなかったような・・・。
中庭君 私の席の前に「チーム中庭」(勝手に命名)がいたのでレポ詳細ですよー(笑)津留コーチ、石原コーチ、あとジャンプのコーチとして長久保コーチがリンクサイド席に陣取り中庭君のジャンプをチェック。調子の悪い3Aを特に入念にやってました。デジカメで撮影しながらいろいろ指導。1回成功しました。4回転もやや調子悪い。他のトリプルはかなり良かったです。中庭君も確認にやってくるもんだからついつい凝視(笑)細いけどやっぱり太股がすごい・・・。
公式練習終わり、中庭君と南里君の九州男児コンビで礼をしながらお互いの顔を見合わせて笑っているのが可愛かったです。

私、一応全選手見るのですが、今回ほど1,2グループと3,4グループの出来の差のありすぎを感じた事はありませんでした。せっかく底上げしているのに、これでは客は確かに休憩に行ってしまいます。ジャンプスキルが低くてもいい演技ってあるのになぁ。

8.北垣達也
「Adios nonino」
身体が柔らかくスピンが上手。また見たいなと思わせる演技でした。
TES45.36 PCS46.30 -2 89.66

9.碓田篤志
「シンデレラ」他
演技の最中に電光掲示板が「Windows XP」の画面に。いやーな予感がしてたら本日2度目のシステムダウン。またも再ウォームアップとなりました。これで30分以上押した事になるのかな。
TES45.20 PCS44.20 -2 87.40

12.中川雄介
パイレーツ・オブ・カリビアン」迫力はあるけど表現としてはどうなんだろ??
TES43.14 PCS43.90-86.04

13.小林宏一
「Desert」
衣装派手!!ステップはそんな細かくないです。世界に出てゆくにはまだまだまだです。4Tも完成はしていないと思うんですが。TES52.30 PCS55.70 107.00

14.本田武史
「トスカ」
アリーナSS最前にお父様、ロイヤルボックスにはヤグディン、リンクサイドで田村岳斗君が見ていました。何かいい絵ですよね。4回転もアクセルもルッツも入らず、でも情感のこもった演技でした。選手としての出来としてはお世辞にもスタオベ出来るものではありませんが10年間お疲れさまでしたとは言ってあげたいです。
TES49.74 PCS69.30 119.04

15.小塚崇彦
「ピアノコンチェルト」(ガーシュイン) 
本田君の後滑走でやりにくいかと思えばやっぱり今時の子です、何とノーミス。何故この演技をSPで出来ないのか・・・。ある意味、きっちり世代交代を印象付けたのかなと思いました。
TES69.60 PCS67.60 137.20(構成点は2位。来季はもっと出ると思います)

16.神崎範之
オペラ座の怪人
1回目のアクセルは成功しましたが4分半のペース配分はまだまだです。でも本当見栄えはいいです。
TES50.80 PCS57.90 104.70

17.柴田嶺
「マラゲーニャ」
衣装が派手!!part2。SPと同じ感想なのですがもう少しやり込んで欲しいなと。
TES49.70 PCS58.50 108.20

18.無良崇人
「バイオリンコンチェルト」
FSになると年少者故の荒さが目立ちますね。でも、14才で3Aが飛べる才能が、グループ3にしか残れないというのが、10年の年月なのかな。
TES58.40 PCS58.10 115.50

グループ4

19.梅谷英生
「THE ROCK」
まさに、最終グループの洗礼でした。スタイルもいいし、プログラムは高度なのでハートを鍛えて、また頑張って欲しいです。
TES52.00 PCS54.70 103.70


20.織田信成
座頭市
ミスはスタートの3+3+3のみ。やや固いかなーと思いましたが頑張りました。
TES68.30 PCS71.50 103.70


21.南里康晴
ローレライ
南里君の課題はやっぱりスタミナですね。今までと比べたら大崩れではありませんでした。
TES51.20 PCS59.90 110.10


22.高橋大輔
「ピアノ協奏曲2番第一楽章」(ラフマニノフ
4T両足、2度目のアクセルはすっぽ抜け。他のミスはなかったです。ようやく、全日本のタイトルですね。ノーミス演技は五輪までお預けかぁ。
TES71.00 PCS77.60 148.60

23.中庭健介
ロード・オブ・ザ・リング
正直、SP程の完成度ではなかったです。まだそんな滑り込んでないのかな。4Tは軸が曲がって降りないかと思ったのですがちゃんと降りてきました。どんなバランス感覚なんだろ。
TES60.82 PCS68.20 129.12

24.大上偉才
「ピアノ協奏曲2番第三楽章」(ラフマニノフ
3A2回成功。思ったよりジャンパータイプなんですね。優勝争いの人達の後にしてはなかなかの強心臓ぶりを発揮しました。曲も大ちゃんと被ってるのですが使っている部分が違う(第3楽章)ので印象が違いました。来季楽しみです。
TES54.48 PCS57.90 112.38

で、世紀の集計ミスがあって五輪選考という意味から離れた騒動になってしまいました。N杯とコーラーが同じで大ちゃんにはきっちり減点したのにね(猛毒)それにしても前回の五輪からの日本男子選手に対する仕打ちの総まとめという気がしました。3年前の世界大会での2枠あるのに男子1名のみの派遣とかね。女子の強化部長は今のままでもいいですが(正直あんまり良くないけど)男子の強化担当は男性の方がいいのではと思いました。ハートが弱いというより男性の心理が分かってないと思います。