Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

2005年全日本選手権(4)女子FS

ちょっと遅刻。1番滑走石田さやかちゃんが滑ってました。「2人でスロー・ダンスを」今CD欲しいんですよね。手に入りにくそうですが。グループは1「お嬢さんスケート」チームという感じで皆上品。衣装の仕立ても綺麗だし、ステップは皆そこそこ上手いし表現もいいです。対してグループ2は「ダンサーチーム」(笑)踊る踊る!

8.林渚
キダム
ものすごい表現力です。ただ、貫禄というかオーラの出し方はやっぱり章枝ちゃんに負ける(そりゃそうだ)
TES32.44 PCS42.00 73.44

9.田中千穂子
阿修羅城の瞳」すごい独創的なプロでした。
TES26.20 PCS38.80 63.00

10.村主千香
エデンの東
山吹色の衣装でおねーさんは着ないような色ですが良く似合います。ルッツ成功。ほぼノーミスでかなり盛り上がります。いい演技。終了時泣いていたそうで今季最後?(最後でした)
TES32.96 PCS43.20 76.16

曽根美樹
サロメ
去年と同じプロだと思うんですけど。ジャンプの成功率がやや低かったので昨年ほどのインパクトはなかったです。
TES30.26 PCS42.80 73.06

グループ3よりお姫様達観戦。今日の熱戦は歴史的なものですよ。

14.北村明子
「O」(オー)
華奢な印象のスケーターですが強いプログラムを良く表現しました。トータルではノーミスに近い出来。すごい!
TES45.88 PCS47.60 93.48

15.浅田舞
「AMETHYST」
ミスはダブルにしたループのみ。こちらもかなりいい出来。本当ジュニア大会どーしてたんでしょうか?
TES46.96 PCS49.76 96.72

16.鈴木明子
「ムーンライトソナタ」後半のジャンプを結構ミスしたので構成点が低くなりましたがPCSは46点という高さ!すごい表現力だ。
TES26.96 PCS46.88 71.84

17.武田奈也
「Otonal」
EXでの良さが競技会でも出るようになってきました。高ーいループ飛びます。ミスは3Fのみ。苦手らしいです。
TES49.50 PCS49.76 99.26

18.澤田亜紀
「City of Veils」
3+3挑戦。やや細かいミスは多いですが表現は本当良くなったなーと思います。
TES54.06 PCS50.48 103.54

グループ4。本当すごい迫力。こちらもどこ見たらいいんだー!!という感じ。オンエアでも太一君コメント出来なくなってましたね。私もV6好きなんで芸能人のコンサートを楽しみますが、こういう場において、たった1人で、音楽はあっても照明にも頼らず、それでいて1万の観衆を圧倒するパフォーマンスをするという人達に対しては芸能と同じようには扱えないとつくづく思いました。芸能は「プロ」ですからコンスタントに表現をするというまた違った難しさもあるんですけどね。

19.荒川静香
「幻想即興曲
去年の事があるので一応リベンジの場なのですが、演技的にやや精彩を欠きました。スピンの「やった」「やらない」は4年前の全日本を彷彿させますね。
TES53.32 PCS65.28 118.60

20.浅田真央
くるみ割り人形
連戦の疲れもあるでしょうけど、「全日本の怖さ」を初めて感じたのではないでしょうか?アクセル2回はすごいですけど、トータル構成はどうかなーと。かなり今までより余裕のない感じで滑ってました。ジュニア世界大会に向けてアクセル2回飛ぶのを想定した練習すればまた違ってくるとは思いますけど。
TES61.30 PCS60.16 121.46

21.恩田美栄
「Kingdom of peace」
とにかく、凄かったです。高ーい迫力のジャンプ、回転スピードの速いスピン。ステップも良いし、練習してきたんだなーと思いました。ランディング姿勢がどうとか、この際いいよ!そんな説得力のあるスーパー演技でした。ただちょっともったいないのがルッツとフリップ2回飛びながらボーナス点の出る時間に飛んでないみたいですよ。これそういう風に直ったら・・・(驚)
TES66.10 PCS57.76 123.86 フリー2位

22.村主章枝
ピアノ協奏曲第2番第一楽章」(ラフマニノフ
絶対調子悪いですよ。なのに恩ちゃんの後でこれまたスーパー演技。N杯同様ジャンプを飛ぶ為に他のところを多少犠牲にしている印象があるのですがきちんと構成されたプログラムで取りこぼしがありません。何しろすごい集中力です。
TES62.7 PCS64.88 126.86

23.中野友加里
ドン・キホーテ
今季の出来だったら五輪の可能性がと思っていた一人ですが、恩ちゃんの高さのあるジャンプの後で彼女のジャンプを見るとかわいそうですがやはり今季は名前を売る年だなと思いました。ジャンプはもう少し全体的に質を改善しないと世界のジャッジからは点が出ないと思います。あともう少し、ですね。今日はややスピードもありませんでした。
TES55.40 PCS58.80 114.20

24.安藤美姫
「マイファニーバレンタイン」
ここ数試合ではスケートも滑っていたし良かったと思います。せっかく質の良いジャンプを持っていても飛ばなくてはならないというのを体感したでしょう。それと4回転、飛べていたジャンプですが、今は飛べないと思います。EXで飛んだのは明らかな回転不足ですし。4Sを飛んでいた年は元々プロに入っていなかったものがあまりに調子良くて急遽入れたもの。だから4つ目のジャンプという変な位置でした。で、飛んでいたのもあの1年だけです。体力があって体重も軽くて初めて出来る「幻の技」です。かつて4回転ツイストを決めたペアのゴルデーワ&グリンコフ、初めて3Lz+3Loを決めたスルツカヤ。そろそろ4Sの呪縛を解いてあげれば、演技は更に良くなるのではと思いました。心配なのは前回五輪の恩ちゃんみたいにする事。まさかスケープゴートにする気では・・・・。

五輪選考は静香ちゃん、章枝ちゃん、美姫ちゃんとなりました。選考の混乱は多少あるにせよ、異論はありません。恩ちゃんを入れたいという気持ちは少なからずあるんですけどね。ロシア大会、アウェーの大会で結果を出していた美姫ちゃん。この時点で五輪選考は決まっていたのかなと思いました。ただ、ポイント制は不透明だと思います。インナー向けの制度だから私らは知らなくてもいいんでしょうけど、例えば中庭君や小塚君(小塚君、実はポイントは高かったんじゃ・・・)の持ちポイントがどの位だったのか、国内大会と国際大会のポイントの差とか。女子の話でいえば友加里ちゃんてブロック大会やアジア大会も出てたから試合数多くない?とか。過去の全日本でも有力選手の自滅というのが多いので避けたいが為の選考方法というのは分かるんですけどね。これならきちんと一発選考に戻した方がいいのではと思いました。今これだけ選手層が厚くなれば自滅も実力ですよ。真央ちゃんの騒動ですが、これソルトレイク五輪の時のペア競技の騒動を経てマスコミが騒げば世論が動くという「勘違い」からの騒動だなと思いました。あれ、今でもひどい報道だなと私は思っているんですけど。そんなんでルールが変わるならスポーツは成り立たないと思います。それと肝心な事を忘れています。韓国にやはり年齢制限で五輪に出られない、真央ちゃんクラスの選手がいるという事をマスコミの方はどの位知っているのか。真央ちゃんに出場OKが出るなら彼女も出さないと合わないですよね。どうせ、のど元過ぎれば忘れるのが世の常なので皆世論は適当に、力を発揮して頂きたいなと思います。