Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

リスクの神様

さて、ドラマを見ない私の視聴習慣がつくかどうかの踏み絵のような作品が放送開始となりました。初回視聴率7.0%でライバルになる「花咲舞」がダブルスコアの14%でのスタートらしいのでこりゃ厳しいなぁと。あ、「VS嵐」は12%だったそうです。

初回は剛くんがあまり出てこなかったので(発声がしっかりしててあれれ?とは思いました)ドラマとして楽しめたかどうかをレビューしますが、過去平日22:00という時間でヒットしたドラマで何があるかというのを探らないといけないんですけど、この時間で男性の方が面白がりそうなドラマを作るのってそもそもどーなんだろ??と思うし(舞台になった商社勤めの人なんて本当に忙しくてTV見てないよ・・・)「本格社会派ドラマ」と銘打ってますが、あれだけの問題を一担当役員のみの謝罪会見で済ますなんてありえないだろ、と思いながらみていました。「社会派」のドラマって他に見た事ないのでわかんないですけど、「リスクマネジメント」を主題にするにはうさんくささのみが漂う感じがして単純な「勧善懲悪」的な内容は期待しない方がいいのかなと思いましたし、家電系に関しては実社会でもっとうさんくさい話がニュースになっていますので苦笑いしながら見ていました(あっち、絶対粉飾決算って言わないもんなぁ・・・)もっと言うと新しいテクノロジーが社会に革命をもたらすという内容で新会社をつくるって、考えられないなぁ。技術はすぐ陳腐化してしまいますから・・・。あと、会社に居場所が無くなって結婚に逃げようとしたヒロインには全く共感できませんでした。そもそも「商社」に就職できるかなぁ・・・と思ったり思わなかったり。

4話目の法則が乗り越えられるか、少々不安ですが剛くんinドラマは比較的成績がいいので頑張ってみます。