Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

2018〜2019年モロッコ大移動の旅(2)

なぜモロッコマラケシュだったのかというのは深い理由はありません。沢木耕太郎さんに影響されてもいるし、「マラケシュの声」という本の言語に関する記述に不思議な印象を受けたのもあったし。ひとつあるのがV6(トニセン)の曲にしてもアルフィーの曲にしてもこのあたりをモチーフにしたのかな?という曲に強く自分の感性を刺激されるというものがあります。旅に関する曲が好きなのもそうですが、自分は基本「ノマド」気質なんではないかなと、好きな曲のラインナップをみても実感します。そしてそれをヘビーリピートする(笑)

例えばV6、長野くんのソロ曲「Stranger Than Paradise」は実際はどこなんだろうと結構夢想していました。目覚めて異国(鉄道かバス移動)海が見えるところで曲は中東テイスト。イスタンブールかなと勝手に思ってますw「Going Back 2 R・e・a・l」は恐らくサハラ砂漠か中東の方、トニセンの「BIG FORCE」はアフリカンな感じがしますね。ALFEEの「流砂のように」、そして「流砂のように」が収録されているアルバム「ARCADIA」こそがアフリカの原始的なパワーを存分に感じる作品です。このアルバムは聖書の世界観が存分に盛り込まれていて、バベルの塔をモチーフにしたタイトルチューンの曲の他、世界各国の民族音楽をモチーフにしているので主には中東なのでしょうが、何度もキーワードとして出てくる「砂漠」を抱えた国のひとつ、モロッコはいつかの場所でした。だから優雅な移動というよりはハードに移動してその感覚を追体験してみたという訳です。土の色が赤く、今までの国と全く印象の違うマラケシュはフランス植民地時代の名残を感じさせる美しい雰囲気のある街並もあり、この風景だけでも来て良かったと思いました。

 

さて、着いた日は夜にかかるので新市街で夕食を食べて、という算段でしたが、空港で300DHしかキャッシングせず、うち200DHをSIMカードに、100DHはホテルにチェックインの際に支払いに使ったのでいきなり無一文にw駅のATMでキャッシング出来ると甘くみていたら出来ないし(現金が入っていないATMが多いそうです)夜なので他のATM探すのも難儀でクレジットカードで支払いできるレストラン・・・と思ったら新市街でもほぼ全滅でした。メニュー表にクレジットカードのマークがあった店があったのでカードが使えるかと聞いたら100DH以上の支払いで、ということでどうにか支払いを100DH以上になるようにメニューを選んで、その日は乗り切りました。翌日、日が高い状態で見たら石を投げれば当たるほどATMはありましたが昨日ダメだったATMは翌日もダメでした。駅前なのに。。。。以降は多めにキャッシングをして現金払い、不足分は日本円を両替しました。(でも2000円w)15000円くらいしか使わなかったです。(うち、長距離バス往復込み)あまり買い物しないからほぼ食費、食費は店によりますが、メイン1品頼めばそれにパンが付いてくるので飲み物を持っていれば1食200〜500円で済んでしまい、滞在コストが安いのがかなり嬉しいです。クスクス以外は概ね美味しく食べられました。クスクスはダメだったな、残してしまいました。

 

マラケシュを2泊にしました。次のエッサウイラとどうするか考えたのですがスークでは買い物をしないのと、メディナの街歩きはエッサウィラで堪能するとしてマラケシュはフナ広場を楽しむという点だけに絞りました。客引きがウザイというのはフナ広場屋台とスーク内ということなので少し警戒をした結果なのですが、行ってみたらもう少し居たかったなと思えるくらい、そんな気になる目には逢いませんでした。ただ、フナ広場まで行く、新市街からフナ広場そばまでのバス、「地球の歩き方」の指示に従ったら全然わからなくて・・・バス停がないんですよね、どこにも(笑)それらしきところに人が溜まっていて、番号の付いたバスが来るという。。。最初「地球の歩き方」に載っていたバスの番号を待っていたのですが全然来なくて、グーグルマップさんに聞いてみたらもう少し分かりやすい場所に到着頻度の高い番号のバスが表示されたのでそれでフナ広場まで行きました。オチとしてはものすごい本数があったということです。初めからホテルの人に聞けば良かった。(反省)途中くじけてタクシーで行こうとして聞いてみたところ「10ユーロ」というありがち単位からのスタートでした。バスは4DH、タクシーも相場は40DHだそうですw

バスも面白く、行きは皆フナ広場前で降りるので不要でしたが帰りは降車をお知らせするブザーがなく、降りたくなったらバスの窓を叩くという暴挙。文化が全然違くて、それだけでも面白いな〜と思いました。

IMG_9200.jpg

初日に食べた「駆けつけタジン」ビーフ。スパイスの香りがありましたがこの店はどちらかというと塩味が強かったです。

IMG_7412.jpg

 

IMG_4957.jpg

メディナ(旧市街)は新市街からバスで向かうと城壁に囲まれた外側、最寄りの広場に停まるのはどの街も一緒でした。壁面だけ見るとちょっと殺風景。

IMG_5007.jpg

ランドマークのミナレット。モロッコは異教徒のモスク立ち入りができないので外から眺めるだけですが、異国情緒満載です。

IMG_8904.jpg

 

IMG_8565.jpg

 

IMG_9140.jpg

 

IMG_1535.jpg

フナ広場。一言、「家畜臭い」(笑)馬車やロバがいるのでどうしてもその「落し物」の匂いが蔓延しています。だんだん屋台が出て来て喧騒感が出て来るにつれて、この賑やかな感じがとても心地いいなと思いました。カフェもそんな混んでないので長居できる場所が多く居心地がいいように思います。屋台の客引きは噂の通りうざかったですw(ジュースだけ頂きました)

IMG_2464.jpg

スーク内。ここを歩き回れなかったのがかなり心残りです。道に迷いそうだったので。。。。w

IMG_0001.jpg

 

IMG_1408.jpg

新市街。南国風なんですがちょっと違う。ここももう少し堪能したかったです。

マラケシュだけで5泊でも良かったくらいですね。