Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

緑寿

D4mIzacUUAEfSKq.jpg

「歌は作り手の青春を勝手に聞き手が、自分の青春がごとく、共有することです。」

この言葉を今日見ていたネット記事にあったので拝借。今年デビュー45周年、自分の青春の入り口、小学生の時から共有させてもらうようになったからでも35年、途方ない年月、自分の糧になっているんだなと改めて思いました。

4月15日に坂崎さん、4月17日に高見沢さん。年が明けて1月20日に桜井さんが65歳に。緑寿という年齢のお祝いは最近百貨店協会が制定したとかで、Macでは一発変換されないw今会社員は65歳で完全リタイアのことが多いので65歳のお祝いでというのも増えているそうです。会社員なら完全リタイアの年齢なんだなと改めて思いました。最近職場で65歳で引退される方を見送ったばかりで、あ、同じ年なんだと思ったらアルフィーの三人が若々しいのは未だに彼らが同級生として青春を共有しているからかもです。

夏イベで改めてお祝いですが、オリジナルアルバムの発売もあり、走ることをやめない三人には改めて敬意を覚えます。ファンというより本当に人生の大先輩としての純粋な尊敬です。

自分が色々衰えてきたり、ジャニーズの方で何かあるたび、彼らも通ってきた道なんだろうけど全く感じさせることがない奇跡のような道筋にただただ、すごいとしか言えないです。

5年後、古希が視野に入ってきました。ライブ3,000本までは目標としているという発言もあり、全て射程圏内である一方、彼らの父親の寿命を考えると長くてもあと10年、加山雄三さんのパターンを三人で、ならまだまだという印象ですが、彼らがいなくなる世界もそろそろ覚悟しないととも思い始めています。

ブレイクした時に「アルジーになってもついてく」という言葉が本当になって、それでも青春の共有を今でもできる幸せを噛み締めようと思います。

緑色のスイーツ、思ったよりなくて・・・金平糖はちゃんと皿盛りして撮影すればよかった。金平糖なので桜井さんのお誕生日まで持ちますね。無くなったら買いに行けばいいし。長野くんの結婚時に関係者に配ったものと同じ「緑寿庵清水」、その支店、銀座店のものです。偶然にも店のお名前が「緑寿」ですね。

(と、お店の人にお話すればよかった・・・忘れていたよ。新商品開発してもらえたかも)