Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

THE ALFEE 終わらない夢

V6は剛くんがやや行方不明だったものの、他の5人は何かしら発信をしていたり生放送があったりとレギュラーがあったし、過去ライブ、過去プロモーションビデオ配信、新作無観客ライブもありました。

もうひとつのメンターエンタメ(そんな言葉あるのか?)であるTHE ALFEE、ライブは延期(無期延期)というあくまでもライブにこだわり、ソロワークでは高見沢さん、坂崎さんがラジオでの発信を続けたり、坂崎さんは最近不定期になりましたが持ち前のセンスで素晴らしいインスタ投稿を始めたり(さすが過ぎて・・・)それなりに発信がありました。できることをやり続ける、高見沢さんは新曲を作っているという、本当にありがたい話です。

で、今週ようやく桜井さんが揃い三人でのラジオとなりました。今回のコロナ禍で、一番アナログで保守的な桜井さん。感想が素人かいと思うような発言もありましたが肩に力が入らず、普通に進行されたあの普通な空気感、46年目の大ベテランでも100年に一度の出来事、東日本大震災を上回る出来事なはずですが、日常の積み重ねの大事さを改めて感じました。通常ツアーの他、夏のイベントとか、できなくなったことが多く、また自前でイベント会社を持っているので経営的な部分も本当心配ですが、今のところ映像でのイベント仕掛けは考えていないようで、どうするのかなと見ています。元々メディアミックスは上手な人たちなので今更YouTubeでなく、ラジオライブ的な方が音質はいいような気がします。彼らはドレスアップも得意ですがドレスダウンも得意。ファン宅へのロケも過去あります。結構それかなと思っています。

少しずつ元に戻りながら、一部感染が拡大していたりまだまだ先はみえません。世界の意思としてこれ以上経済は止められないということもあり、職場も7月から「原則」出勤となりました。月8回まではテレワークでいいそうですが、仕方ないかな。

ラジオ聴きながら仕事できた環境がかなり脳に刺激的だったので職場でもラジオ聴こうかな。幸いテレワークでイヤホン使ってオンライン会議をやっている人が増えたのであまり目立たないです(企画職というのも多少免罪符です)

海外解禁、難しそうです。いつもなら旅費で消えるボーナスの使い道、考えようっと。