Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

2013年全日本ジュニア(4)

女子は昨年のチャンピオン、宮原選手がシニアに移行したので、混戦でした。突出したジュニアがいないというのが正直なところ。あと、最近のロシア勢がクリーンな3+3を飛ぶところに負けずにジャンプを組んでいるのですがアンダーローテが多くて、ざくざくと点が引かれているという印象でした。今回の大会としてはリンクの氷が柔らかいのかミスが目立っていました。女子の方が試合が後で、シビアさを要求するSPではキツかったのかなと。木原選手のトップ通過は西日本と同じ結果だったそうです。

それでもSPFSとまとめた昨季のジュニアワールド代表、本郷選手はとにかく目立っていました。スケーティングはもう少し伸びて欲しいんですけど、表現しようという意思が全面に溢れた演技。身体も大きい選手なのですがオーラすら感じました。クラシカルスタイルの衣装も素敵で、次世代を担う1人に間違いないなと思いながら。
2位は三原選手、SPの貯金とFSも大崩れない結果。ジュニアジュニアな感じで、衣装もピンクで、これからというところでしょうが、最終Gに入っても演技が崩れなかった心臓の強さは維持して欲しいな。
3位は松田選手。本郷選手の後、良く滑ったなと思います。細い選手で印象が演技の割に弱いので、もう少し前に前に出てくる要素があればいいなと思います。
優勝した本郷選手以外はSPの貯金で逃げ切りました。脅威の追い上げをしたのは、ノービスでこの後シニアの推薦の資格のない本田真凛選手。噂は漏れ聞いていたのですが、ジャンプスキル・曲想表現どこをとってもすごい。ノービス選手権でジャンプ違反をやっての3位でしたが恐らく同世代最強でしょう。12歳、真央ちゃんのときみたいに特例をつけるかが注目でしたが、今回は総合4位ということもあり、推薦見送りでした。今後真央ちゃんのように育つかは周囲のサポート次第ですが、本田きょうだい、すごいなという実感。
そしてもう1人、加藤選手。SPが苦手か良く出遅れて猛反撃します。今季のJGPSでは本郷選手より上だったということでまさかの台落ちとのことです。SPは正直、ピンとこなかったので、ちょっと何か不安な要素があったのかも知れません。
ごひいきだから、という訳ではありませんが中庭先生のお弟子さん女子2名、あれっと思うくらいいい演技で、地区より出来が良かったんじゃないかな。結構いい点が出ていました。トータルバランスが良くて女子のたおやか〜な演技。来年の楽しみが増えました(笑)逆に予選落ちしてしまった鈴木春奈選手。脅威の滑りの良さを持っていたのですが、今回の試合はちょっといいところなく。細いのですが背は伸びたのでバランスを崩しているのかもです。
ここから五輪代表争い・・・女子に関しては男子以上に厳しいと思います。ジュニアの中に完成したという印象のある選手がこの大会では見られませんでした。ただ、真央ちゃん後という選手はちゃんといる、特に本田真凛世代は16歳で次の五輪となりますので、一瞬谷間になるけど次世代はちゃんといると印象付けた大会でした。