Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

ジャニーズカウントダウン

4ヶ月遅れ(笑)自分のタイムラグっぷりが何ですが。まだスケートのISUチャンピオンシップ未消化のうえ、ワールド男子フリーの録画を忘れる失態。5月以降ですね。Jスポ、解約しようと思ったのに。ジュニアワールドのダンスを容量不足で録画失敗していたりします(汗)

ファームもやっと録画消化して(半年分)、寝かせていた感のカウントダウンを見ました。神の目の視点というか、よもやこの後嵐の活動休止の報があるとは想像もしていませんでした。後、20数年の重さを改めて感じたカウントダウンでした。TOKIOがいない、Kinkiもいない、オカケン様もいない・・・・そして、気づけばグループ最古参のV6は、地味(苦笑)この人たち、本当淡々としているなーとうっかり思いました。カウントダウン前のトリと、最後の合唱曲がV6のものだったのが多少の配慮なのかな。

でもこのカウントダウンはタッキー&翼のものでしたね。マッチさんまで登場の、違う意味でのオールスターの中でのパフォーマンス、バックに生田斗真くんや風間俊介くんという役者班を従えての豪華なステージでした。私は初めからV6なので他のジャニーズはちょっとわからないのですが、普段カウントダウンには揃わない人たちでしょうから、まさに「One Night Dream」でした。花束贈呈で光一くんが剛くんの似顔絵ワッペンを貼って登場したところでかなりグッときました。

10年まではがむしゃらに突っ走れるのかもですが、20年を超えると色々あるなという部分をたくさん見せてくれているのかなと思います。昔のアイドルはもっと寿命が短かったので20年後、それ以降の姿が想像がつかない。リーマンだって新卒の3割が退職しますのでそれを思うと随分存続している方ですよね。制度疲労を起こしたり、個人の生き方というのもあると思います。未来永劫このままでないから、一瞬を大事にする必要もあります。グループ名を残してメンバーを入れ替えていく方法も最近はありますけど、それでも岐路になったり。そういう意味でもV6は奇跡だな・・・とも思うしファンも一緒に大人に寛大になっているように思います。新曲出ますね。どんな感じになるのかな。

そして私はアルフィーファンでもあるので、倍の45周年というのがモンスター級だなと改めて。彼らも色々あると思うんですけど健康第一で、50周年が射程圏内になってきたところで、最近アルフィーファンのSNS率が高くなっているのかな、私のTLにもよく情報が流れてきます。

長く続けてくれることに改めて感謝したいなと思った、カウントダウンでした。