Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

2013年NHK杯(8)女子FS

会場で見られませんでしたので、おうちでごはんを作りながらチェックをしていました。放送はBSでゲテちゃんのみオンエアし、その後地上波総合に移行するという流れが地上波に移行したタイミングで会場コンピューターのシステムダウン。PCの再起動ですぐ再開するのかな・・・・と思いながらご飯を炊き始め、ご飯が炊きあがってもまだ再開しないという事態でした。「どうしよう、ミライちゃんご飯炊けちゃった」とボケながら事の成り行きを見守っていました。実はウチは土鍋で炊いているので20分もあればご飯は炊けちゃうのですが、にしても長い中断でした。昔は中断後再度6分練習があったと思うんですけど、今はすぐ再開ですね。現地観戦だとよくある光景なのですがTVに乗ったのは初なので放送関係者はドキドキでしたでしょうね。

ミライちゃんはあんなもんだと思います。
浅田選手、フリーも落ち着いていたと思います。6分練習でものすごいきれいな3Aを飛んだので期待したのですが、フリーは両足のアンダーローテ。でも流れはとても良かったので、大きな舞台なら認定されると思います。他のジャンプもかなり確実で、苦手な3Sが2Sになったくらい。3Sは作戦で抜いたとこで3Loとか得意なジャンプの方が配点が高いので問題ないでしょう。ラフマニノフの完成系を楽しみに。
2位にラジオノワが入りました。フリーはジャンプ決めまくり。スピード感と回転の早さ、ジュニアっ子らしい溌剌感でしたがSPでも書いた通り、身体の出来上がる前の筋力で演技が完成してしまうのを危惧していますので、ほどほどにね・・・と思いながら眺めていました。
順位を落とす形になった鈴木選手。完全にリズムを崩した演技となりました。ちょっと代々木の氷とも相性が悪かったかな?随分スリップしているようにみえました。彼女に関してはカナダ大会の方が良かったのですが、カナダは大荒れだった大会ですよね。わからないものです。長野の氷で邦和勢全滅したときがあったので、滑る氷が苦手?
彼女の場合滑りすぎちゃうのかな?
宮原選手は5位。シニアデビュー戦としてはかなりいい順位だと思うのですが、少し点の出が遠慮気味かなと思いました。次の大会でどのくらい出るのかが興味あります。演技は素敵でした(樋口先生風)
ゴールドは4位。美人ですが個性はさほど強くないので、自分の武器がどう磨かれてゆくのか、体型変化に対応していい選手になって欲しいな。アメリカフィギュア界の救世主になって欲しいのです。
マルケイ姉さんは順位こそ落としましたが安定感が増して、洗練され、いいなと思う部分が増えました。五輪は悲願でしょうから、コストナーと仲良く出場する姿を楽しみにしておきます。
レオノワは少しウェイトが辛そうです。儚いですね、2年前のワールドメダリストなのに・・・。
GPFへは浅田選手が確定一番のり。スター選手がスター選手らしい働きをしたなと思った女子フリーでした。