Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

愚痴だったり感想だったり

ここのとこ本当に人間としての生活を放棄していまして、それでV6の露出が増えているのがかなり辛いのですが(笑)あとちょっとだよね。担当しているとこで大きい企画が入るのでそれが終われば一段落なのですが、クライアントもですが営業も進行管理としてはかなり使えなくて最近毎日ケンカしながら仕事しています。私はアニメのスタジオにいたこともありますがお金は安かったけどスケジュールはちゃんとしていたなと思いながら仕事しています。

愚痴はおいといて(笑)私、芸能人のゴシップや事件にあまり興味がなかったのですが、「コスモス」の一件はちょっと呆然としました。だから普段はその手の事を語らないのですが、自分のとこのサイトですので。というのは今そういう風に忙しくしている資材の中に映画の「コスモス」の紹介の記事が入っていました。もう今日明日にも校了を貰わないとというタイミングの時期に事件が発覚しまして、当然全部差し替え。ファンなら事件に一喜一憂すればいいだけですが、こうやって仕事に携わっている人にとってはそういう事があればどれだけの損害になるか、ほんの小さな記事ひとつでもこの騒ぎですので宣伝の販促物を作っているようなとこや、制作もとの円谷プロダクションはもっと大変な事になると容易に想像出来てしまいました。今回はTV放送前の事件ですから、オーディションでもそこまでチェック出来ないでしょうし、TVに出てる人という事で刑事告発されやすい立場だったでしょうし、不幸な条件が重なっていたとは思いますが、芸能人も当たり前ですが社会の一端を担っているんだという事を痛烈に感じた出来事でした。

さて気分を変えて、TV、「うたばん」と「食わず嫌い」だけは見ました。坂本君は余程貴さんに気に入られているようですね(笑)電流食らって悶える6人は相当面白かったですが、トークが不発なのでこの番組はちょっとどきどきしながら見てます。「食わず嫌い」は嫌いなものがファンなら知ってるものなのでどう食べるかがかなり興味ありました。名取裕子さんはNHKでインタビューを受けてた時のトークの雰囲気が独特で(内容は昔NHKで放送したあの(笑)和田勉がディレクターだった松本清張原作「けものみち」でこれがおよそNHKでやるとは思えない内容でたまたま見た最終話にびっくりした思い出があります)今回もその雰囲気がありました。お土産が飲料もので被ったのがマイナスかな(笑)また片や大女優という感じの食べ物のラインナップ、3大珍味のうちの2品があるのに対してものすごい庶民な4品が揃うコントラストがかなり面白かったです。次はカミセン達が出るのかな?是非「宇多田ヒカルVS岡田准一」で対決して欲しいものです。