Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

シアターオンアイス

アイスショーは土曜日の観戦予定だったのですが、急遽仕事が入りまして・・・。決まった瞬間(選択肢がなく自分で言ったとはいえ)がっくりを通り越して真っ白になったのを無理矢理奮い起こして、代わりに行ってくれそうな人を探そうと思ったのですがチケ伝はもう送付の時間が無理、V仲間はV6DVD鑑賞会(私はこの予定も断るという二重苦・・・)スケート仲間と親戚とか声かけてみたら、最初は断ろうとした親戚が翌日になって「行きたい」と言い出したので無事引き取って貰える事になりました。そして私はというと、スケート仲間のYさんから「なら代わりに日曜見に行く?」と言われ、公演は無事見る事が出来ました(涙)この後私はプリンスアイスワールドに行くだけですが、Yさんは何と世界選手権を見にカナダ、カルガリーまで遠征するそうです!という訳で予言の良く当たる私から餞別代わりに「織田君、メダルいけるんじゃないかな」と言っておきました。実際はやっぱり5位くらいかな。

という経緯から「シアターオンアイス」見に行ってきました。有明コロシアム、初めてですね。土曜日の進行がイマイチだったようで心配したのですが日曜はスムーズに進行していたと思います。残念な事にロシアチームがフィナーレを待たずに帰国したのでエンディングが良く分からないものになっていたのですが(笑)おおむね良かったと思います。ロシアチームの帰国は初めから決まっていたんではないかと思いますけどね。急に帰るっていっても飛行機取れませんから。「シアター」って「劇場」という意味だったのかと公演を見てわかりましたけど無理にそういう演出をしなくても良かったのではと思います。エンディングも日本選手にエロエロ演出させてもまだ厳しいし、何故かペトレンコが小道具のテーブルと椅子のセッティングをし直ししていて「金メダリストに何やらす!?」とつい突っ込みを入れたり、同じくボナリーが長い事リンクにじーっとしていたので寒そうとか、改善した方がいい部分があったのも事実です。アクロバットチームは過去に見た演技なので鮮度感はなかったですがやっぱり「瀕死の白鳥」は傑作だなーとは思いました。何度見ても面白い!これがフィギュアのパロディとして良く出来てるからだとは思います。あとスケートにはまった直後の私の王子様(笑)ペトレンコは滑りが綺麗でした。やはり規定時代の選手は違いますねー。プルの力技のようなステップとは違う、音のしないスケーティングでした。ジャンプはクリーンだったのはダブルアクセルだけでしたけどポジションが完璧。やっぱりテクニカルスペシャリストをやっているより(今回の五輪の男子シングルのテクニカルスペシャリストはこの人でした)まだ滑っていて欲しいなーと感じました。五輪メダリスト達は感想を書くだけ野暮でしょう。

日本選手はノービスBの子達が凄かったです。今の子は本当小さい時から音感も訓練されているんですね。今10才位だからあと10年か・・・。本田君は「アランフェス」が秀逸すぎて他のはちとまだまだと前から感じていたので(笑)全日本以降、ならしで滑っているだけだそうです。本格復帰は怪我完治後ですね。美姫ちゃんはエッジが甘くなっているような気がしました。ワンストロークは伸びるんですけどね。静香ちゃんはちょっと体力や疲労が心配だったのですが演技自体もジャンプはダブルアクセルのみで無理はしてないようなので。世界選手権行くなら早いとこアメリカいって調整(もう練習とかのレベルではないでしょう)して欲しいです。

で、予言の良く当たる私、実は章枝ちゃんの欠場も予言していました(苦笑)ストレスから体調を崩すというのはあり得るのだなーと実感している(先のインフルエンザは絶対そうだし)し、今はまだ闘争心が強すぎてEXの演技には向き合えないでしょうから。世界選手権は大好きなカナダで、氷も良いから体調整えて臨んで欲しいです。

今月は私用で結構土日いないのでV6のコンサートDVD視聴は4月に入ってからかな。一応2種類買いました。限定版の扱いが良く分かってないので周囲の情報は気にせず。土曜日、どよーんとした気分での仕事先で何故か「2ndハウス」ネタ・・・ドラマではなく本当に既婚者の自分の息抜きとしての別宅が欲しいという意見を聞き、しらばっくれながら内心爆笑していました。