Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

スポーツマスコミ

V6強化月間やらW杯やら、空気読まずにスケート話です(笑)プリンスアイスワールドの東京公演が取れません!あれだけ日程があるのに取れないなんて・・・。まだぴあ先行があるので何ともいえないですが一般チケット大会は参加出来ないのでかなり厳しい状況です。うー足元見られてる感ありあり。全日本の日程も発表になって、どうも今年は男子の競技が見られないような気がします。TVでやる女子よりやってくれない男子なのに・・・・。日程だけ見るとひょっとしたら逆転するかもですが、仕事だって休める時期じゃないし、なんつー日程だろ。名古屋開催は噂には聞いていたのでまぁ驚きもしません。それよりは日程が痛い。アルコン武道館には参加出来るのか(そうじゃなくて・・・)

今ネット上でNHKアナ、刈屋さんのインタビューが掲載されていて、感慨深い内容にひたっております。フライングで全部読んでしまいましたが(笑)いちファンとしておぼろげに感じていた「フィギュアスケート」という特殊性のあるスポーツの神髄みたいなものが文章になっていて、特に女子シングルで感じた「何か」が解説されていて、気持ちが救われた想いです。やはりあの競技は勝ち負けでは推し量れないですね。結果だけをすくい取って迂闊な発言をした方々にあの文章は読んで頂きたいです(読まないと思うけど)刈屋さんは初めからスポーツキャスターを志していたんですね。自分の思い描いた職業で夢が叶うというのは本当凄い事ですし羨ましいです。もちろんそこに辿り着くまでの努力というかモチベーションの維持って大変だったとは思いますけどね。今季福岡局に異動になってしまって、スポーツ中継では駆り出されるとは思いますけど、、、次は北京五輪です。どのような解説をしてくれるのかな。文章読んでいてアテネ五輪の体操団体決勝を見たくなってVTR探したけど見あたらない・・・・(他の種目はあるのに)井上陽水の歌のように探すのやめたら出てくるのを待ちます(おい)ひとつだけ気になったといえば長野五輪の静香ちゃんの演技は別に失敗ではないです。当時の実力通りでしょう。全日本の時、正直静香ちゃんにしろ章枝ちゃんにしろ、どっちが出てもそんないい成績は期待出来ない、当時のレベルはそんなものでした。

「チャチャチャ」にトニセンが出ているすきに(?)「ジャンク」の方はスケーターが結構出ていて、スケーターのMC下手にどきどきして見ていますが(笑)本日、本田君がこのテの番組初登場でちょっと楽しみにしていました。ずーっとカナダ人だったからね。クリムキンのプログラム変更はフジのオンエアには乗ってないからいいでしょ、別に(毒)。私服に金掛けすぎて練習着がないという大ちゃんに一抹の不安を覚えたのは言うまでもありません。来週は再び大ちゃんですね。

V6の事を書かないのは「HEY」3のボーリング対決を待ってからにしようかなーと。まだ全然見てないのもありますが。もーCD買いに行く時間もままならなくてやっぱり予約しないとなーと。本社へ行く用があるついでに漸くゲット出来ました。初版が少なかったら手に入らないような時期の購入になってしまいました(汗)