Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

S.H.Figuarts(真骨彫製法) ウルトラマンティガ

もう、今日はこれでしょ!

25年を経た、ダイゴ(長野くん)の横顔がラストにくる、オタクホイホイなCMといい、YouTubeの動画といい、こんなに素敵な内容を再び見られるなんてファン冥利につきます。長野くんの横顔もですし、フィギュアに近寄って手にとるシーンは東北のピラミッドのシーンや熊本の要塞の中でスパークレンスを手にするシーンのオマージュに見えます。また25年経って、発声が全然違うのにも驚きました。あまり声の通るタイプではないですがどストレートな「ティガー!!」に気圧されました。フィギュアの出来も素晴らしくよくて、特に夜の戦闘シーンが印象的だったティガダークな中の佇まいがとてもよく再現されていてうっかり買いそう・・・。造形に対し、ちょっと小さい印象がありますので我慢です。権藤さんが長野くんより背が高く、肉体美を維持しているのにときめきました。権藤さんがこんなにフューチャーされてしまうと、パワータイプ担当&マルチも担当していた中村さんの立場は・・・と心配になりますw

ティガは造形だけ見てもダイゴ=長野くんに似てますね。横顔がハッとさせられるところまで一緒です。円谷プロはその後大変な経緯を辿ってますので仕方ないのですが今のウルトラマンのゴテゴテ感はサイボークっぽくてね。特撮は見れば面白いのでうっかり見ないように気をつけてます。

そう、「ウルトラマンティガ」こそ、「うっかり見始めた」からこその今なのでw世の中のものは素晴らしいものに溢れている、そこに近づくか否かだけの違いですけど、「ティガ」はエネルギーが強すぎます。今見ても作品に全く古さを感じませんし、女性隊長でレナちゃんがエースパイロットで、女性が強く、美しい世界でした。作品って途中から一人歩きするところもあるのですが、ティガは世界観も独特、不思議な雰囲気があります。今からでも見られるので見て欲しい作品です。

せっかくなのでおすすめ話数をレビューしておきます。長野くん視点+ティガのキーになる回です。基本1話完結なのでどこから見てもいいですよ〜。

第3話「悪魔の予言」
長野くんの横顔が美しい、とありますが振り向くシーンも外せないです。いくつか印象的な振り向きシーンがあるうちの1話。隊長メイン回で小中さん脚本の緊張感のある世界です。

第8話「ハロウィンの夜に」
ダイゴのかぼちゃ大王コスプレ&アイドル全開な楽しい回です。「長野くん」という人がどんな人かわかってない時期でみた印象で結構ないたずらっ子だなと植えつけられたくらい他の話数に比べて超イキイキしてますw

第15話「幻の失踪」
岡田くんのおかげですっかり有名になった骨折した長野くんのフォロー回。手にギブスしてます。次の16話も怪我設定は残ってますがそれ以降は普通にしていますけど骨折のギプスってそんなにすぐ取れるの?と疑問が。「早く取った」んでは??と今でも思ってます。

第19話・第20話「GUTSよそらへ」・前後編
最終回&「ダイナ」への伏線、光を推進力にする「マキシマオーバードライブ」がでてきます。ダイゴとレナちゃんの会話萌えでした。

第25話「悪魔の審判」
当初半年になるか、一年になるかとあったようで前半最終回に当たる回なので超ハードです。全部見所。変身シーンも続々します。

第34話「南の涯てまで」
ダイゴがGUTS隊員へ登用されたエピソードが、ものすごく純朴。この辺りから長野くんが憑依してきている感じがします。

第39話「拝啓ウルトラマン様」
変化球なエピソード。ダイゴとレナのムードが結構表に出てきて可愛い。

第43話・第43話「地の鮫」「影を継ぐもの」
坂本くんをゲストに、と構想があった回です。長野くんのすんごいアクションが拝めます。

第45話「永遠の命」
このエピソードは映画版で回収されました。

第49話「ウルトラの星」
初代ウルトラマンとの共演回。黎明期の円谷プロ物語です。この後の予告編に衝撃を受け壊れた私・・・(本当)

第50話「もっと高く!〜Take me higher!〜」
第51話「暗黒の支配者」
第52話「輝けるものたちへ」
50話と52話「Take me higher!」曲中の使い方が神です。52話はアルバムバージョン。女性隊員が途中からダイゴ=ティガに気づいている、という設定が超絶萌えポイントでした。今回のフィギュアで最終回のことが語られていましたが、個人的には「究極のウルトラマンごっこ」と呼んでます。 

NATURE RHYTHM

NATURE RHYTHM

  • アーティスト:V6
  • 発売日: 1997/08/13
  • メディア: CD
 

初期のアルバム、再販しないのかな?再販しないなら配信すればいいのに。
 ティガに関しては定期的に荒ぶってますので、過去記事も貼っておきます。

 

今の彼らの合言葉「今が一番であること」というものがあるので私自身はもう、もう一度「ティガ」に、とか「ウルトラの作品出て欲しい」というのはそんなに望んでません。今の経験でできる仕事をまた積み重ねていってくれればそれが一番ですし、幸せな妄想をしてニマニマしておきます。

f:id:ARCHWAYsince2000:20210307223634j:plain

我が家にいるティガ関連グッズ(一部)自分で買ったのは後ろのUFOキャッチャーのティガちゃんと、「8兄弟」の映画前売券購入特典とお面(笑 映ってない)ソフビは貰い物です。