Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

フレンズ オン アイス

日曜公演2公演見てきました。アイスショーの乱立のお陰か、キャストがアダルトチームだからかは謎ですが、フィギュア人気ブレイク前の空気感が心地よいショーでした。静香ちゃんが痩せすぎなのがかなり心配ですが、これだけ忙しくしていてもいろんな事をしていても「スケーター」であるという事が一番重要である、そんな意識がみえたのがとても良かったです。2003-2004シーズンのEXと、「Fly me to the moon」をやりました。片方の方は後述として、「Fly me~」は華やかな曲というか、テンポのある曲を踊る事に課題のあった静香ちゃんの新境地。リズム取りはかなりいい線だったのでスローな曲のような伸びやかさがあれば尚いいなと思いました。本田君@結婚おめでとう!(Yahoo!のトップ項目登場にびっくり)は新プロ「世界の中心で愛を叫ぶ」が素敵でした。やはり少しテンポのある曲に課題があるかなと思っていたのでこちらのプロの方がより良さが出ていると思います。「ゴッドファーザー」の方で宮本賢治君とのコラボはなかなか面白かったですけどね。宮本君、さすがアイスダンサーでした。

日本男子フィギュアにエンターテーメント持ち込んだ男(笑)最近はすっかりコーチ業の岳斗君、2プロともかなり良かったです。ひとつはチャレンジャーな「トゥーランドット」でしたが繊細さのある表現と、切れのあるジャンプと滑りを見せてくれました。2つめは「ロッキー」これも宮本君の振り付けなのかな?今季日本男子のEXは1~5位まで宮本君のおもちゃ状態でしたけど、やり手によってはお遊びでもきちんと見せられる、そんなお手本のようなパフォーマンスでした。現役最後の頃に比べて滑りが良く、コーチになって逆にきちんとするようになっているのが面白いです。

ライサチェクを初め、海外スケーターは皆さん素敵でした。ライサチェクの迫力の滑りに結構おお!と思うと同時にステップに課題があるかな。パン&トンはアダージョ。ユニゾンが戻ってきていますね。玲奈ちゃん&ジョンはラブ~って感じ(笑)

大ちゃんと友加里ちゃんはDOIとPIWと同じ。友加里ちゃんのこのプロ封印かと思ったのでまた見られて良かったです。

恩ちゃんはちょっと困るプロでした。来季以降はもう少し洗練されるのかな。アイディアは変わっていて面白いんですけどね。

そして有香ちゃん。静香ちゃんの気遣いがとても感じられるポジションで前半のトリという位置に、しかも自分でまず有香ちゃんの振付であった演技を披露し、その時のエピソードを交えてから紹介するという演出に有香ちゃんのファンとしてはとても感無量なところがありました。有香ちゃんの演技はスケートの綺麗な静香ちゃんの後でもその綺麗さが際だちます。未だにジャンプをきちんと飛んできますし、身体のポジションとりが本当丁寧でやっぱりいいなぁと思いました。ステップが相変わらず素晴らしいです。有香ちゃんはエンディングのグループ演技でライサチェクとのペアスケーティングでもかなり萌えでした。

ところどころ「学芸会」感はあるものの、ちびっ子スケーターとのコラボもとても繊細な美しさがあったりと、いいショーだったなと思います。XOIはどうしようかな~(行くと思いますけど日程で悩む・・・)