Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

国別対抗戦

団体戦はそんなに興味がないので、というのは幾度となく言ってますが、選手たちは非常に楽しそうにしているので慰労会(忘年会??)的な競技会としては楽しんで見ていました。とはいえ、合間にスターズオンアイスがあったり大学に行っている人がいたり、スケジューリングには苦労が見えるな。五輪でも団体戦が定着しそうなので(それは、平昌五輪での本気のカナディアンを見て実感)もうすこし、選手に優しいタイミングでの開催だといいですね。テレ朝がやりたい放題だったのには少々思うところありますが。

私はというと、国別を横目に世界選手権を消化中です(見終わってない)そして、1年入れっぱなしだった平昌五輪の映像をようやくBDに片付けました。それを見ながら、次のシーズンのことは誰にもわからないよなぁと。ダンスの村元&クリス組の解散も衝撃でしたが、ペアの須崎&木原組は雰囲気もよかっただけに怪我が原因の解散には切なくなるばかりです。カップル競技を育てようと思うと男子に欧米選手並みの身体能力と筋力が必要なので日本人には厳しいことばかりです。シングルはアジア勢優勢なように、華奢な方がいいですから。スイハンとか、シブタニズが良いお手本であって欲しいです。

来季、どんなことになるのかな。男子の技術がいよいよ「ブリザードアクセル」の世界突入ですが用具や機器のの進化が大きいのでしょうか?映像を具体化できるというスタイルが技術の進化に貢献しているともいえますが、怪我だけは気をつけて。

来季、どんなことがあるのかな。できれば静かに見たいな、でも昨今の人気では難しいよね。