Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

2010年グランプリシリーズカップオブチャイナ(2)

公式HP

(ペア)

Qing PANG / Jian TONG CHN 2

Nicole DELLA MONICA / Yannick KOCON ITA 9

Wenjing SUI / Cong HAN CHN 13

Huibo DONG / Yiming WU CHN 14

Caitlin YANKOWSKAS / John COUGHLIN USA 15

Lubov ILIUSHECHKINA / Nodari MAISURADZE RUS 16

Amanda EVORA / Mark LADWIG USA 21

Kaleigh HOLE / Adam JOHNSON CAN 32

パン・トンが全種目通じてGPF一番乗りは堅いところです。中国大会は若くて力のある組が多いです。

イタリアの組はISU大会で台乗り、2009年のロシア杯では5位に入ってます。スイ・ナンは満を持してGPS参戦です。昨季のジュニアワールドチャンプペア、今季もJGPSで1位、2位です。シニアでのスタミナがどうなのか、ですが技術スキルは既に世界一です。Huibo DONG / Yiming WU、Lubov ILIUSHECHKINA / Nodari MAISURADZEが連戦です。1位同士がぶつかるのか、もったいないな。Amanda EVORA / Mark LADWIGはワールド9位でチャイナが初戦です。

(アイスダンス

Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT FRA 2

Federica FAIELLA / Massimo SCALI ITA 7

Madison HUBBELL / Keiffer HUBBELL USA 12

Xintong HUANG / Xun ZHENG CHN 17

Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 18

Kharis RALPH / Asher HILL CAN 19

Nora HOFFMANN / Maxim ZAVOZIN HUN 22

Xiaoyang YU / Chen WANG CHN 37

Xueting GUAN / Meng WANG CHN 47

sabella CANNUSCIO / Ian LORELLO USA 48

なんでペシャラ&ブルザとファイエラ&スカリが同じグループなんだ?ちょっともったいないですね。Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEVはユーロ9位でワールド8位、なんでやねん(笑) Kharis RALPH / Asher HILLは昨季のJGPF4位など中ランクで実力が拮抗しているカップルが多く出場します。

出る方は大変ですが勝負としては面白いかなと思います。