Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

PIW2018 横浜公演(1)

PIWに関してはここ数年東京公演の方に行っていたのと鈴木誠一くんも引退したし、最近はTVでもやるので横浜の方に行くことはなかったのですがGWに入ってTLに流れるレポの数々に見たくなってしまい急遽、4/30公演に行くことにしました。秋田から東京駅で乗り換え新幹線で新横浜。新幹線乗り換えなんてw秋田まで行ったことを考えると特急料金オンなだけなので。

40周年ということでオープニングで歴代のゲストスケーターが映し出されましてその中にちゃんと中庭くんがいたことに感謝ですよ。私は多分95年からは欠かしていないので(佐野さんが座長でした。みどりさんが出始めた92年からかな?流石に記憶がwww)随分ショーとして洗練されてきていて、ベタな演出だった頃が逆に懐かしいし、子供の引きはそういう方が良かったのにな。

技術的には田中総司くんがいた頃が一番難度があったと思いますが群舞の滑るスピードは格段に上がっているように思います。衣装も宝塚感が少し薄れて今風な感じに。小塚くんのPIWコラボと安藤さんのPIWコラボが素晴らしく良くて、ゲストとの絡ませ方が上手になったなと思いました。小林宏一くんがとても目立ちます。今彼がチームリーダー何でしょうか?

あるあるなんですけどワールド以降友野くんブームがきていて・・・(笑)よーく考えたらタイトルとった全日本ジュニアも現地で見ていないし、NHK杯もみていないし、全日本もSPのみで断念してウエストサイドストーリー生で見てないじゃんと。今年は国体も行ってないし「パリのアメリカ人」は全日本で演技を見ているので良い選手になったという実感はあったものの西日本の選手のせいもあるのですがシニアに上がってしまうと格段に生でみる機会が減ってしまうなぁと。話の端はしにでる「エアギターの子」を生で見ている身としては、シニア以降の大躍進は想像以上なんですよね。スケーターってジュニアやノービスから基本的にすごいという子が多いですし、実際今活躍している選手は実際そういう選手ばかり。本人が言うようにそれらと比較すると表現する能力は突出していたもののスケ連には好かれない選手という印象でした。それが2016年のジュニアワールド以降、スケーターとしての上達曲線が急カーブを描いているとか、3回も代打を務めて結果を出すという、羽生くんとは違う種類の主人公体質なところに大化けする可能性が見えて多分4年の過ごし方を見た方がいい選手かなと。あと、判官びいきなとこがあるので野辺山新人発掘に不参加と言うのも好きです(笑 ちなみに今井遥さんも)というわけでTLに新EXの話題が溢れてたら見たくなるわけです。ダンサーなEX滑る選手が少なくなっているのもありその希少性は見なくてはと思いました。東京公演まで我慢と思いましたけど東京に出ない可能性ありでしたので、無理して見て良かったな。スピンはちょっとあれでしたけどw本当このまま全日本の息子でいて欲しいです。そして趣味と実益を兼ねて来年の岡山のファン感謝祭行くかも(でも立ち見みたいなので・・・ニュース記事見てくじけたw)

田中くんの「椿姫」も見たかった。今の全日本では表現への意識がとても強い選手です。本番の発揮力さえ備われば今世界でベスト5には入る選手なんですけど発揮力は今の所全日本限定なのが・・・・。切磋琢磨してより高みに。正統派フィギュアスケートをショーで堪能できる贅沢でした。

で、行って見たら織田くんがすごく良かった。ショースケーターとしての才能が素晴らしいですね。競技の頃は本人の個性に対し重たい曲が多かったので明るい曲で滑るとその良さが際立ちます。私は佐藤有香さんを敬愛していますので、友野くんにも言えますが重厚感があったりエッジに乗ってスローで滑るのもいいんですけど、見ていて湧き上がる楽しさを演技するスケーターでもいいと思うんですよね。有香ちゃんの「パキータ」は超明るい曲でした。その路線は本当少なくなっているので希少種としてこれからも。

でも今回のゲストは佳菜子ちゃんも含め、踊るプロが多くて見て良かったなと思いました。小塚くんがショースケーターとしてもとてもよくて、踊れなかった子が・・・・とこれまた感無量感。

そう、本田くんにこそ少し踊る曲をやって欲しいんですけど選手時代のラテンがトラウマなのかな?彼に関してはイーグルを見に行くので。

本田真凛ちゃん、元気そうで良かったです。こちらも魅惑的な演技で、全日本でも希少な個性だと思います。拠点をアメリカにするのはいいことだと思います。芸能活動も少し控えめになるのかな。アスリートとしての高みを目指して頑張って欲しいなと思いました。

新葉ちゃん、どちらかというと超ジャンパーでしたので努力してここまで踊れるようになったのがすばばらしいですね。可動域の大きいマイケルジャクソンでした。

選手って不思議でスタートがどういうタイプであったか、という強いポイントにいろんなところが強化されて洗練されて一流となってゆく、その過程を多様な面で楽しめるのがフィギュアスケートの良いところだなと思います。

宇野くんの「Time after Time」と聞き、あの「Time after Time」かなと思って悶えています。羽生くんが絡むと現地観戦は難しくなりますがやはり思ったよりショーはチケットが取れそうなので少し観戦熱が復活してきたのが良かったなと思いました。でも・・・随分高くなっているな。

真央ちゃんのショーも見たいんですよ。TLのレポって罪ですね。