Minato Sugisawa's memo

旅・エンタメ・日々の覚書

NHK杯国際フィギュア

師走とはいいますが私の仕事は(会社は、ではないよ)例年、お盆休みと年末年始が一番暇なんですよねー。事務職の方とは逆の仕事のペースなんですよ。お陰でいろいろ助かっています(オイ)

昨日からNHK杯が始まりまして、今回は比較的顔ぶれが良くてウキウキしながらTV見てました(会場で見たい 泣)特に女子シングルが豪華ですね。ちょっとしたプレ・グランプリファイナルという感じでもう気持ちは2月に行ってます(アホ)TV観戦なのでここで簡単な感想を書きますがペアは中国ペアが今季一番の出来で優勝した感じでした。ツイストリフトの質が良くなってるなぁ。フランスペアは「トリスタンとイゾルデ」というこれまたアピール度の高い演技で滑り込んだ時の出来がものすごく楽しみです。ペトロバ&ティフォノフ組はまだユニゾンが良くないですがその割りにミスが少なくて勝負強くなってきてると思いました。ただこの3組、いずれもペアスピン、ソロスピンがイマイチですね(笑)もう少し密度を上げて欲しいなぁ。女子はロシア勢の充実ぶりがいいです。そして章枝ちゃんと。ただこちらもコネクティングステップの質が良くないんですよね、3人共。それでもスルツカヤが上位なのはコンビジャンプの難度と、スケーティングのスピードが大きいと思います。あと、ブチルスカヤは去年と同じSPだからね。ちょっと辛いかもね。でもどれも例年に比べてミスが少ないので見ていて楽しいです(^^)

今日Mステにエンヤが出るというのでいつもと違う目的で(笑)見ていたのですがやっぱりいいねー(うっとり)実はJフレの新譜と一緒にエンヤの新作も買いましてそっちを先に聞くという事しました(アンタ…^^;)今日改めて中の解説読んでコーラスはもちろんだけど楽器演奏も自分でやるという、山下達郎もびっくりの(この比喩わかる人いんのかな…)仕上げの仕方なんだけど、そーいう人がまたよくTVに出るよなーと妙に感心してしまいました。だから音源などは当然テープなんだけど、あの存在感は本当いいよねーと本物の(笑)癒し系音楽に満足しました。